--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
03/07

ペンの光2月号清書

ペンの光(競書誌)

ペンの光2月の清書です。
まずは規定部から。

EPSON0172.jpg

ひらがなが多いのですが、お手本は連綿をつかっていませんでした。
自分で連綿にしてもいいのでしょうが、そこまでの気力がわかず、時間もなかったのでそのまま仕上げました。
「膨」がおそらくペン習字では初めて書いた文字で、その字のごとく、とても膨らんでしまいます。
なかなか、どうすればお手本のように書けるのかを解明できないまま、タイムオーバーとなりました(^_^;)
ひらがなが続くとどうも字間が開いてしまうクセがあるらしく、2行目が間延びしたような感じです。
あ、それと「え」の苦手意識がまだ抜けないなあと実感しました。

続いて筆ペン部です。
EPSON0173.jpg

私は今まで筆ペン部の用紙は「競書用紙C」を使っていまして、前回の課題の時になくなって注文しようとしたら、
「競書用紙C(筆ペン用)」というものが。今までこんなのあったかしら?
F用紙はあった気がするけれど。
いわゆる「筆ペン用」という用紙は使ったことがなかったのですが、C用紙は筆ペンの課題に使用していますので、
試しにその筆ペン用を注文してみました。

届いたものはまず色が違いました。今までのものが真っ白だったのに対して、少し黄色っぽいです。
さわり心地も今まではツルツルしてたのがザラザラした感じ。
2.5センチくらいの幅で、うすーく横方向に線が入っています。(印刷ではない感じ?)
個人的には特に書きやすいとか書きにくいとかはありません。
筆ペン用の方が、少しにじみやかすれがでやすいのかな?と感じました。
インクが少なくなってくるにつれ、かすれが出やすかったです。
この用紙に硬筆で書いたら、もしかして書きにくいことがあるかもしれません。

さて、課題ですが、私のいつものクセで、字粒が大きくなりがちで、枠におさめるところから苦労しました。
一度書いた自分の字をお手本に重ねて、どれくらい大きいのかをチェック。
そんなつもりはないのに、かなーり大きく書いてしまいます(笑)いつものことですが。

最初はインクの調子がよかったのでぺんてる中字で書いていたのですが、
途中でインクぎれで慎重にインク出したにもかかわらず、やはり出過ぎで使い物にならず(^_^;)
ぺんてる極細で仕上げました。
まだ練習の序盤でインク出すのはいいんですよ。
だんだんちょうど良くなってきて、清書のあたりでベストなインク量になるから。
そろそろ清書という段階でインク切れると、「えー、今~~(;´Д`)」ってなります(笑)

スポンサーサイト

CM

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://indigoblue120.blog.fc2.com/tb.php/215-5c829283

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍

Author:藍
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

↓ツイッターもぜひどうぞ♪
indigoblue120をフォローしましょう

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。