FC2ブログ

2015
03/13

硬筆書写技能検定

ペン習字一般

2月1日に受験した硬筆書写技能検定の結果が、2月27日に届いていました。


IMAG1451.jpg

3級の受験でしたが、無事合格しておりました。

届くまでは、3級だし、勉強頑張ったし大丈夫だろうとは思いつつも、もしやという気持ちもあって落ち着きませんでした。
これでホッとできてよかったです(*^▽^*)
3月12日には合格証書が届きました。合格通知ははがきですが、こちらは賞状です。
賞状なんてもらうのいつぶりだろう。ふふふ、嬉しいものですね。

合格証書と一緒に次の試験の願書や説明会の案内などが入っていました。
次の試験は6月21日とのことでした。
2級は受けようと思っていますが、次で受けるのか考えつつ、ぼちぼち勉強を始めていこうと思っています。


そういえば、試験当日の様子をブログに書こうと思っていて、すっかり忘れていました。
簡単に書いておきます。

当日は高校で試験が行われましたが、3級の会場(教室)には高校生2人、一般の人は私を含めて3人でした(笑)
他の級はおそらく別の教室だとしても、こんなものなんだなあと苦笑い。

最初の早書きの課題でやはり緊張してしまい、手の感じがどうもいつもと違います。
思ったように動かず、本当にへたくそな字になってしまいました(^_^;)
時間内に終わらせないといけないというプレッシャーと、ある程度丁寧に書かないと汚い字になってしまう危険性と。
普段時間を計って練習しているとはいえ、今は手が上手く動いていないという自覚があるため、
やはり書き終わらないかもしれないという怖さの方が勝ってしまいました。
それでもある程度余裕を持って終わらせ、見直すこともできました。

それ以降の課題は、実技と理論の問題を自分の好きな順番で取り組むことができます。
手がカチコチになっていることから、理論を先にやろうか?と思い、でもいつもと違う順番でやることにも迷いが。
ここで実技からやってしまったことが失敗でした。
手が上手く動かず、また微妙な出来に・・・(^_^;)
実技の2問目からは気持ちもほぐれてきたのか、まあまあの字が書けたような気がします。
理論からやっていれば、上手く書けたのかは実際のところ分かりませんが・・・。
(緊張する場面では、いつも通りって大事なような気もします。)

字を書くということは、普段の練習でも集中力とか精神的なもので大きく左右されるものです。
それが自宅でもなく、周りには知らない人がいる中の試験での緊張感・・・。
どの順番で解答していくのかも少し考えて次に挑もうと思います。
スポンサーサイト

CM

こんばんは・・・です。

藍さんへ

こんばんは・・・・です。

さっそくなのですが・・・・・、
この度は硬筆書写検定試験におきまして、見事合格されたとのことで・・・・
誠におめでとうございます!!!

やはり試験となりますと手がカチコチになるものですよね・・・。

私はペンの光誌の課題を清書するだけでカチコチになっておりますから・・・
試験など受けようものなら・・・・とんでもないことになっちゃいそうですねぇ。

それにしましても確かに字を書くときの精神状態は重要ですよね・・・。

私はまだまだ精神修養が足りないようでして・・・・
すぐに手が固まってしまいます。

これからも精進しようと思います・・・貴重な情報ありがとうございました。


それでは、また・・・・・・。

うっちーさんへ

うっちーさん、ありがとうございます(*^▽^*)
3級なので、普段ペン習字されてる方なら恐らく
誰でも受かる感じなのではないかと思われますが(笑)

手が震えてしまうかな?と心配していたのですが、そこまでではなく、
やたらと手や肩に力が入ってしまって、まさにカチコチ。
力が入りすぎちゃうと、下手すぎて笑っちゃうような字になってどうしようかと思いました。
次もああならないように、力を抜く練習でもしていこうかな(笑)

一番は、勉強や練習を繰り返して、これなら大丈夫って思いながら挑むことかなと思います(^_^;)
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://indigoblue120.blog.fc2.com/tb.php/166-1747c64d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍

Author:藍
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

↓ツイッターもぜひどうぞ♪
indigoblue120をフォローしましょう

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR