FC2ブログ

2014
12/08

わかくさ通信の12月号が1日に届きました。
昇段はなし。
4年目は3月までですが、そこまでは昇段無理かなあ・・・、なんて弱気になってるところです。
気長にいきましょう、気長に。
きっとペン習字とは長いおつき合いになりそうですから。


さて、11月の清書です。
検定の勉強も始めたいので、珍しくわかくさが届く前に清書を終わらせてました。
昇段していなくてガッカリしてるところで清書するよりは、気分的にいいような気もします(笑)

EPSON059.jpg

添削課題は去年も同じものを書いてました。
相変わらず「字粒が大きい」と指摘されていましたので、小さく書くように気を付けました。これでも。
いや、「字間が詰まっている」って指摘されたんだったか、去年は。
まあ、字粒が大きいせいで、枠内におさめるために字間を詰めるしかなくてぎゅうぎゅうになってしまう、
ということですから、やはりまずは字粒を小さく書くことが重要ですね、私の場合。
あとは上下を揃えて、真っすぐ書いて、くらいですよね、気を付けることって。
(全然真っすぐ書けてませんが・・・(^_^;))
字形に関しては、量が多すぎて時間をかけて練習することもできず、5、6回練習して本番に臨みました。
あとは添削を先生にお願いして、勉強させていただきます(>_<)

EPSON060.jpg

級位認定課題は、先月の課題の清書がちょっと固い印象になったような感じがしたので、
柔らかくなるように書きたいなあと思って練習していました。
なんていうか、さっぱりした清書になっちゃったなあ。
私としては一番目立たせたいのは「完走の夢」だったんですが、思うようにふくらんでくれず、
「参加証」ばかりが主張してきます(笑)
「大」「会」「参」の右払いをどれかしっかりと払おうと思ってはいましたが、どうもしっくりいかず、
結局止めてしまいました。
「証」のごんべんは当初しっかり書くタイプのもので書いていて、あまりにアピールしてくるのが気になり、上のような形に変更。
そうしたところ、「夢」もくさかんむりの下をくるっとしないでしっかり書いていたので、「夢」ばかりが固い印象(楷書に近いというか)になって悪目立ちするような・・・。
で、もう少しくずした上のような書体にしてみました。
どれだけ迷走してるんだ、私は(笑)

連綿に関しては、「ふく」と「くら」で迷った末、「くら」が上手く書けずに「ふく」に。
「くら」の場合、「く」を普通に書くと「ら」との境目が分かりづらいような気が。上手く言えませんが。
「久」を意識した形にするとメリハリがつくのかしら・・・。
かといって「ふく」も私には難易度が高く、難しい課題だったなあという印象でした。

先生方の清書や優秀作品で拝見できるのを楽しみにしていようと思います(^_^;)

スポンサーサイト

CM

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://indigoblue120.blog.fc2.com/tb.php/158-c9a734e6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍

Author:藍
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

↓ツイッターもぜひどうぞ♪
indigoblue120をフォローしましょう

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR