FC2ブログ

--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
05/20

つけペンと万年筆

筆記用具・文房具

数ヶ月前につけペンを購入して、いろいろと試していたわけですが、
「これだ!」というペン軸に出会うことができず、少し遠出をして大きな文房具店へ行ってきました。
やはり直接見て、持ってみなくては、いつまでもこの問題は解決しない気がします^_^;
乗りかかった船です。もうちょい付き合ってみようじゃないの、つけペンに!

お店には私が使ってみたいと思っていた「東京スライダ」のペン軸がたくさん並んでいます!
探していたのは、丸ペンと共用ではなく(グラつくのが嫌なので)、少し太めの軸のもの。

IMAG1196.jpg

ありました、ありました!
上の写真の茶色の軸の方の「SL2020」がまさに私の理想のものです。
ペン先が奥までしっかりとささり、グラつかず、軸は太め。
太いんだけど、ペン先に向うにつれて少し細くなっているのがまた持ちやすい。
ペン先が奥まで刺さるので、紙からの距離が遠くなりすぎず、非常に書きやすいです。

今私が持っているペン軸で、ストレスなく使えるのは以前購入していた「SL1990」とこの2本のみです。

ちなみに、写真に写っている一番左の「ペン習字用開明墨汁」、
ペンの光の競書用紙を注文する際、ついうっかり一緒に頼んでしまいました(笑)
相変わらず、インクや墨汁の違いが分からぬ女で残念でなりません(-_-)
インクのボトルの口が小さいと、インクがつけにくいことだけ分かりました(笑)


さて、この文房具店に来る前に、ちょっと調べていたのが、万年筆について。
以前、安価なものですが万年筆をネットで購入し、全然思うようにインクが出ないという経験がありまして、
次に買うなら絶対お店で!と決めておりました。
万年筆はほぼ初めてみたいなものなので、最初は1万円前後のものを1本使ってみたいな~と思いまして。

いろいろ試し書きをさせてもらい、結局ベタな感じですが、パイロットのカスタム74を購入。

IMAG1200.jpg

太さは細字のFです。
ペン習字にはEFがいいのかな、と悩みつつ、やはり私の好みの太さはF。
細すぎる線があまり好きではないのです。
今使っているデスクペンとあまり変わらない線の太さなので、書きやすいです。

感想としましては、やはりデスクペンよりは強弱がつけやすいです。
ただ、インクの問題なのか、細い線を書こうとするとインクの発色が薄くなってしまうんですよ。
黒々としたインクのまま、細い線を書きたいんです。
太くても、細くても、黒いインクで~~(>_<)!!
インクはおまけでつけてもらったカートリッジのものですが、
使い切って手持ちのカートリッジのものに変えたら少しは改善されたようにも感じます。
でも、やっぱり、ちょっとインクの発色が・・・。デスクペンと同じカートリッジなのになあ。
なぜかペンの光の清書用紙に書くとにじんでしまい、絶望的な気分に。
しかし、これもインクを変えたらにじまなくなりました。よかったー。

つけペンのようにいちいちインクをつけなくていいし、手軽に書けるし、デスクペンよりは強弱がつけやすい。
ううむ、これは、つけペンよりも万年筆練習すべきか?

なんて思いながら、しばらくお休みしていたつけペンを出してみました。
(締め切りに追われて、疲れるだけのつけペンなんて使っていられなかったので)

ペンの光の課題をとりあえず練習してみると・・・。

Σ(゚Д゚)

あれあれ?すごく、書きやすい。
以前よりも思ったような線が書ける。
この感覚はなんだろう、あまり好きじゃなかったつけペンの細い線が、嫌じゃない。
私の弱すぎる筆圧じゃ、つけペン使っても強弱も表現できなかったけど、
前よりもそんなに力を入れずに強弱が出せるようになったのかしら?

恐らくですが、今回つけペンで書いてみた課題が、ペンの光の推薦の課題。
級位や段位クラスの文字に比べて字粒が小さく、お手本を見ても若干線が細いような気がします。
たぶん級位クラスの課題のような、大きな文字を書くとしたら、つけペンの細い線では物足りないというか、違和感があるんじゃないかと思うのです。
細く繊細な字を書こうと思ったからこそ、つけペンの細さが嫌じゃなかったのかな、と。

あとは、何度も使うことにより、ペン先が柔らかく馴染んできたのかもしれません。
以前はかなり力を入れないと太くならず、ただの細いだけの線しか書けませんでした。
手が疲れて10分と書いていられませんでしたから。
カリカリ感と引っかかる感じがなくなり、紙をするするとペン先が滑ってくれます。

IMAG1208.jpg

ここで少し気になるのが、万年筆のEFのもの。
Fの万年筆では今回のペンの光の課題は少し太いように感じます。
もう少し細い線を書きたいと思った時に、あるといいんじゃないかなあ・・・(笑)
今回のペンの光はつけペンで挑戦してみようかな、なんて思ってはいますが、
なにか「自分にご褒美」な出来事でもあったら、次はEF欲しいなあ(*´∇`*)

それでは、また引き続きつけペンの練習に励みたいと思います。

スポンサーサイト

CM

万年筆雑感

「SL2020」ゲットおめでとうございます。
書き心地がよい筆記具、握った感じがよい筆記具を手に入れた時は、何ともいえずうれしいですよね。
お気に入りのペン軸ゲットと、「準師範」の地位ゲットで、ペン字練習にもますます熱が入ることでありましょう(^^)

「カスタム74」も入手されたのですね。
金ペンの入門モデルといえばコレというくらいの代表格で、私も以前から愛用しております。ボディが軽く、軸がほどよく太く、キャップを軸に差しても重心が上部に移りすぎないのが気に入ってます。私もペン先はFです。

同じ価格帯では、ウン十年振りにフルモデルチェンジされたプラチナの「#3776センチュリー」も良さそうです。女性なら(女性でなくても?)「ブルゴーニュ」というワインカラーが似合いそうな感じがします。

ちなみに当方、インクは、コンバーターをセットして、セーラーの「極黒」や「青墨」を使用しています。「極黒」は、「開明墨汁」ほどではありませんが濃い黒で、耐水性インクなのでハガキなどにも安心して使えるのが気に入ってます。価格がやや高めですが、試してみられるのもいいかもしれません。

こんばんは・・・です

藍さんへ

たびたびおじゃまいたします・・です。

つけペンの件なのですが、東京スライダ「SL2020」は抜群のルックスですねぇ・・・たまりませんです。

ネットショップに紹介されている画像では、いまひとつ雰囲気が分からなかったのですが、「SL1990」と並べてある写真で、ものすごく雰囲気が伝わってきました。
なんと美しいフォルムなのでしょう!!!

私の近所には東京スライダを取り扱っているお店が見当たらないので・・・・・もーたまりません、「SL1990」と[SL2020」の両方とも、ネットでポチーッとしちゃいます!!!

それから、それから万年筆の件なのですが・・・「カスタム74」を購入されたのですね・・・うらやましい!!! 
私はデスクペンは4本所有しているのですが、きちんとした万年筆を持っていないので、そのうちに欲しいなぁと思って検討していたのが、このモデルなので・・・

いつもいつも、いろいろと情報ありがとうございます。

Seijiさんへ

Seijiさん、こんにちは!
前回の記事でSeijiさんに使い心地を教えていただき、本当に助かりました。
気になっていた2020を直接持ってみることができたので、失敗することなくゲットできました♪
数本失敗しているだけあって、喜びもひとしおです(笑)

Seijiさんも万年筆はFを使ってらっしゃるのですね。
プラチナの3776も試し書きさせてもらって、カスタム74の方が強弱がつけやすい(柔らかい)とのことで、こちらに。

「極黒」はよく目にするので私もいつか使ってみたいと思っていました。確かに高額ですけれど(^_^;)
コンバーターを購入すると、そのうちインクにまで凝り始めたらどうしようなんていう心配もあったりして(笑)
でもこのままではせっかく買った万年筆も、インクの点で使っていてもストレスなので、そのうち買ってしまうような気がします。

いつもたくさんの情報感謝いたします(*^▽^*)
ありがとうございました!

うっちーさんへ

うっちーさん、こんにちは!
つけペン難民でしたが、とりあえずひと段落つきそうです(笑)
SL2020は高級感あって、見た目も素敵ですよね!
色合いは1990の方がシンプルで好きなので、しばらくこの2本を使ってみたいと思います。
ふふふ、うっちーさんもポチっちゃいますか?(笑)

万年筆はネットでいろいろ調べていると、どうしてもカスタム74が出てくるもので、最初に買うならこれかな?と常々思っておりました。
せっかく買うなら、万年筆を取り扱っているお店で試し書きできると間違いないですよね。
線の感じだけではなく、軸の太さや重さや大きさもそれぞれなので、実際に持てたのは安心感がありました。
1本買うとまた違うものが気になってくる・・・。
恐い世界ですわ、ペン習字というのは(笑)
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://indigoblue120.blog.fc2.com/tb.php/142-9a205896

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍

Author:藍
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

↓ツイッターもぜひどうぞ♪
indigoblue120をフォローしましょう

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。