FC2ブログ

--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12/15

ペンの光12月号

ペンの光(競書誌)

先日、身内に不幸がありまして、約2週間ペンを握れない毎日を送っておりました。
私の夫が喪主をつとめましたので、何と言いますか、もう目まぐるしい忙しさ。
気持ちの面でも沈んでしまい、とてもペン習字ができる状況ではありませんでした。
出産直後の産院でもペンの光の清書をしていた私が、こんなに長くペン習字の練習ができなかったなんて(^_^;)
それでもようやく落ち着いてきて、これから今月のペンの光とパイロットに取りかかり始める、といった感じです。
もう今月はあまり練習できないだろうと思います。
でも「作品を提出しない」という選択肢は浮かんでこないところで、私の生活にペン習字が欠かせないものになっているんだなあと実感します。


さて、まずはペンの光の11月の清書から。
あ、12月号は規定部はもちろん昇段はありませんが、筆ペン部は昇段なしの三段のままでした。


EPSON004.jpg

当初、段位クラスの課題で練習を進めていたのですが、途中で推薦に合格したことが判明し、急きょ推薦の課題を清書することになりました。
時間がない中、文字数が多くて大変ではありましたが、私の好きな縦書きの行書なので書いていてとても楽しかったです。
時間があれば楷書の練習もしたかったなあ。


EPSON004-2.jpg

最初にお手本を見たとき、ずいぶん迫力があるなあと感じました。
文字数がいつもより少ないからか、一文字が大きいんでしょうね。
「名」の2画目の払い、「曲」の2画目の折り返し、「入」の左右の払いがとても難しかったです。
スポンサーサイト

CM

「ペンの光」を購読することにしました。

こんばんは。
タイトルに記載のとおり、「ペンの光」を購読することにしました。

私は、山下静雨先生のお書きになる字形が好みなのですが、「ペンの光」の見本を取り寄せてみたところ、発行している団体は山下先生が師事された三上秋果という方の系譜なのか、課題をお書きになっている理事の方々の書きぶりが山下先生の字形に非常によく似ており、こういう字形をマスターしたいと思ったのが購読の理由です。

また、各課題のページに、書き上げる上での留意点が添削のように述べられており、毎号これらを見るだけでも非常に参考になると思いました。

いや~、それにしても理事の方々や師範クラスの方々の書きぶりは見事というほかないですね。
素晴らしい作品を見るのは大いに刺激になります。

俄然やる気が出てきたので、この際、道具も新たなものをと思い、「冴えた線が書ける」というのをネットで見て、つけペンとペン先を何種類か通販で注文しました。早く使ってみたいです。

なお、「ペンの光」の課題とパイロットの講座のお手本とでは字形が少し異なりますので、不器用なこともあり、パイロットは最終回の課題提出をもって退会することにしました。


Seijさんへ

Seijiさん、こんばんは!
パイロットを近々止めて、ペンの光を始めるのですね。
山下静雨先生の文字、私も大好きです(*^_^*)
日ペンを始める前は、山下先生の書籍を片手に、何度も練習したものです。
そしてペンの光の字形も本当に素敵で、惚れ惚れしますよね!
正直、私もパイロットの字形が違うので混乱することが多いです。今3年目で上級なので、3月でパイロットを退会して、ペンの光に集中することも検討中です。
ただ、ここまで昇段できたのにな~と思うと、もったいなくて躊躇してしまいます。

つけペンは私もとても興味があります。
ぜひ感想をお聞かせいただけると嬉しいです(*^▽^*)

つけペン、なかなかイイです。

あけましておめでとうございます。

年末に「つけペン」が届き、文字を書く練習が一段と楽しくなっております。
これまでいろいろな筆記具を用いるも、右下方へのハライがどうもうまく書けていませんでしたが、つけペンを使ってみたところ、なかなかイイ感じで書けるようになりました。万年筆のように滑らかには書けませんが、万年筆では出せなかった冴えたキレのある線質が出せつつあります。

参考までに、私が買い求めた商品をしたためておきましょう。

◇つけペンのペン軸
・立川ピン製作所 T-36
 グリップ部分にラバーが付いています。グリップ部分が少しくぼんでおり握った感じがすごくイイです。使用しないときのキャップが付属していません。非常に気に入っています。

・立川ピン製作所 T-40
 これもグリップ部分にラバーが付いています。T-36より軸が太くグリップにくぼみがないため、女性には太すぎるかもしれません。キャップが付属していて保管に便利です。

◇ペン先
・日光 さじペン(No.357の刻印あり)
 材質はアルミニウムで、マット調(光沢がない)です。紙に触れるとガリガリと音がしますが、細く冴えた線が書けます。

・タチカワ 日本字ペン(No.44の刻印あり)
 材質はクロームで、光沢があります。日光さじペンよりもガリガリ感が少ないですが、線がいくぶん太目になります。

◇コクヨのトレーシングペーパー(薄口 40g/㎡)
山下静雨先生の著書中のお手本をなぞり書きするために買いました。万年筆のインクが滲みません。

硬筆検定2級に合格したので、前から狙っていたセーラーの3万円以上する万年筆を買おうと思っていましたが、つけペンが非常に気に入ったので、買うのは先送りします。
つけペン、安価なのに最高の道具かもしれません。

Seijさんへ

Seijiさん、こんばんは!
わ~、ご丁寧につけペンの感想をありがとうございます(*^▽^*)
そうですか、つけペンなかなかイイですか~。
筆記用具を変えることで苦手なところを思うように書けるようになるなんて、なんて素晴らしいんでしょう!

気になって検索してみたのですが、つけペンって驚くほど安価なんですね!
ラバーが付いていれば滑らないでしょうし、くぼみがあれば安定するでしょうね。
以前ペンの持ち方を矯正するために、「ペン習字ペン」というものを使用していたことがあるのですが、くぼみがあって非常に持ちやすかったのを思い出しました。(あまりにガリガリとした書き味で止めてしまったのですが・・・)
私は太い軸のペンが書きやすいので、これほど安価であれば、いろいろ試したくなってしまいそうです(^_^;)

筆記用具は一長一短かもしれませんが、試してみる価値はありそうですね。
非常に参考になりました。ありがとうございました(*^▽^*)
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://indigoblue120.blog.fc2.com/tb.php/124-00b4ee22

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍

Author:藍
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

↓ツイッターもぜひどうぞ♪
indigoblue120をフォローしましょう

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。