2017
11/07

わかくさ通信11月号が11/2に届きました。
「天」に名前がありました。

今月の課題は
「文体が独特で面白い小説を、一気に読みました。」

また独特な課題文ですね・・・。
読書の秋的な内容なのかな。
ううむ、なんだか気分がのらない文章だなあ。

連綿は「ました」のどこかしらでしょうかね。
どこを払うか止めるか、はねるか止めるか、いろいろ書いてみようと思います。


さて、10月の清書です。
添削課題から。

EPSON0205.jpg

数回の練習で清書をしました。すみません~~。
右はじが全然そろってないです~~。

級位認定課題です。
EPSON0206.jpg

いつも枠におさまらず、ぎゅうぎゅうになるんですけど、今回は字粒を大きめにゆったり書いても余裕があり、
抜けている字があるんじゃないかと何度も確認しました。
画数の多い漢字が少なかったせいでしょうか。
カタカナがほんと難しい・・・。(書けてないし)
時間もなかったので、連綿に関してはあれこれ書いたりせず、無理しない方向でまとめました。
当初、「友」を払って「人」を止める書き方で練習していたのですが、なんだかしっくりこなくて逆にしました。
このへんの「しっくりくる」感覚は理由がまったく分かりませんが、単純に好き嫌いなんでしょうかね。


スポンサーサイト

2017
11/07

2017
11/07

ペンの光と同様に、パイロットも先月分を更新していませんでした。
本日ようやく10月の清書を投函してきたので、9月の清書から今更ながらUPします~。

添削課題から。
EPSON0201.jpg

すでに添削が返却されています。
縦線が傾く癖があり、そこをたくさん直されていました。

続いて級位認定課題です。
EPSON0202.jpg

これもよく覚えていないのですが・・・。
払いと止めが多かったので、普段は止めるのが好きですが「収」を払ったりして変化を出すようにしました。
「見」と「祝」も似ているので、「見」は止めて「祝」ははねるようにしたり。
連綿ポイントに悩みつつ、あまり無理しない方向でまとめました。

2017
11/07

ペンの光9月号の清書です。
前回更新しそびれていまして、2か月前の課題で恐縮です(>_<)

まずは規定部から。

EPSON0199.jpg

もうずいぶん前に書いた課題なので、どうだったかよく覚えていません。


続いて筆ペン部です。

EPSON0200.jpg

ずいぶん太字になってしまってますね。
たぶん時間がなくて、細く書くというところまで意識する余裕がなかったように思います(笑)
基本的に力が入って太くなってしまう傾向にあるので、細く書くにはまた違った難しさがあります。
力加減の他に、たぶん筆が寝てしまう癖がありまして・・・。
机に対して私の座高が低く、ペン習字の時だけ座布団的なものを敷いて調整しなくてはいけません。
いちいちそれを用意するのが面倒で、ついサボってしまうのです。
座高を調整すると、とたんに筆を立てやすくて書きやすくなるんですよね~。
ここをサボらないようにしなくてはいけませんね。気をつけます。
プロフィール

藍

Author:藍
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

↓ツイッターもぜひどうぞ♪
indigoblue120をフォローしましょう

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR