--
--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
04/11

わかくさ通信の4月号が届きました。
(もういつだったか忘れましたが・・・/(笑))
なんとかギリで「天」に名前がありました。よかった、よかった。

新しいお手本は
「例年より早く、庭先のバラが美しく咲いている。」
です。

「しく」の連綿は、できればカッコいいけれど、失敗する可能性大です。
「より」と「いて」か「いる」あたりでしょうかね。
もう11日だとういうのに、今月はまだお手本も作れていません(;´Д`)
「庭」なんて、ペン習字で書いたことあったかしら?
書き慣れない感じがあると時間がかかるんですよね。

さて、3月の清書です。

添削課題から。

EPSON0178.jpg

とくに、あれですね、あまり練習できませんでしたしね・・・(-_-)

続いて級位認定課題。

EPSON0179.jpg

まずは「会」と「役」のはらいをどうするか迷い、スペース的に払いやすい「会」にしました。
連綿は当初「ので」と「そう」でいこうと思っていたんですが、
「そう」の連綿が動きが少なくて、カッコよくないなあ~と思い、個人的に好きじゃなかったので「なり」に。
「り」は右寄りなのかな?と思いましたが、中心に書いてある書籍があってすっきりしていたので、そのようにしました。
苦手なひらがなは未だに苦手なままで、これは練習を重ねるしかありませんね。
スポンサーサイト

2017
04/11

ペンの光3月号の清書です。

まずは規定部から。

EPSON0176.jpg

二行目がすべてひらがなな上、連綿も多めのお手本でした。
特に枠におさまりきらないということはありませんでしたが、
二行目の字間がつい広くなりがちでした。
枠におさめやすいお手本の場合、字間がどうしてもゆったりめになってしまいますし、
特に二行目ってなりやすいんですよね・・・。

続いて筆ペン部です。

EPSON0177.jpg

この時期になると必ず出てくる「春」の文字ですが、最初の三本線の角度に毎度悩まされます。
そして何度書いても難しい「女」の字・・・(^_^;)
なかなか手こずる漢字が多く、時間がかかってしまいました。

2ヶ月ほど前から、筆ペン部は新しく筆ペン用の用紙を使用しています。
特に書きづらいこともないと以前ブログに書いていましたが、
インクが少なくなるとすぐかすれてしまうのが、最近どうも気になります。
なるべくインクを新しく出したくないのに、かすれてしまうから仕方なくプッシュ。
インクの量の調整が上手くいかず、結局ぺんてる極細で清書するという、いつものパターンが出来上がりそうです。
もう極細で書くことにしようかしら(^_^;)

プロフィール

藍

Author:藍
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

↓ツイッターもぜひどうぞ♪
indigoblue120をフォローしましょう

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。