--
--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
01/05

わかくさ通信が届いたのは30日だったかな?
年末なので12月中に届きましたね。

昇段はありませんでしたが、天の上のあたりに名前を見つけてホッとしました。
あまりに大量の「誤字・脱字・規定外」にぞわ~~っとしたり。
「鶏」が間違いやすい漢字だったんですね。
「これのどこが間違い?」なものもあって、自分がなっててもおかしくなかったかも。
いまだかつて一度もなったことはありませんが、ほんとこれだけは避けたい。

そして1月の課題・・・。
ナニコレ。
「マイナンバー開始。日本の未来に期待しよう。」
いや~~、書きたくない~~。
たまに書いてて「?」な文章の課題があって気がのらないことがありますが、
今までで一番気がのらない課題です(;´Д`)

連綿は「しよう」だけだから、まあ「よう」かな。
またしてもカタカナ。はあ~~。


では12月の清書です。
添削課題の掲示文から。

EPSON0118.jpg

↑一枚目のが提出した掲示文ですが、筆記具はパイロットの丸芯ツインを使っています。
↓当初、毛筆的な筆記ができると教えていただいたコピックを使って練習していました。
EPSON0117.jpg

面白くも何ともないと乗り気じゃなかった掲示文が、このコピックを使ってみたら途端に面白くなってきました。
まだ全然使い慣れていないのでとても難しいのですが、恐らく練習すればするほど上達しそう。
しかし、これはどうみてもマーカーじゃなくて筆ペンに見えてしまうんですよね~。
使用することは問題ないらしいので、一言「コピック使用しました」と添えれば大丈夫だと思われます。
ただ、お手本と見比べると全く別物のような仕上がりになってしまい、
個人的にあまりよくないかなあと思い、今回はマーカーの方を提出しました。
もしも硬筆検定に使用するなら、もっと練習してみたいと思っています。

私は今5年目で中級を習っているので、この課題は一度添削してもらっています。
上下左右を何センチ開けるのかの指示どおりに割り振りし、
前回はバラバラだった右側をなるべく揃えるように努力しました。
練習不足で、統一感がない印象です。なんかガタガタしてる。
日にちがちょっと大き過ぎました(^_^;)


級位認定課題です。
EPSON0116.jpg

もう少し練習するべきだったなあ~~(;´Д`)
31日から外出するため、無理やり終わらせてしまいました。
どちらかというとパイロットよりもペンの光に力を入れたいと思っていて、
いつもギリギリまでペンの光に時間をさいてしまいます。

連綿は「するらしい」しかなくて、「らし」と「しい」で迷った末に「しい」に。
完全につなげると何となく上手くいかず、結局流す感じになってしまいました。
安定した字粒に書けるようにもっと練習したいです。


今年は下の娘がいよいよ幼稚園に入園するので、少しは練習の時間を増やせるかしら?と期待しています。
そろそろ働きたいと思っているので、どうなることやら?とは思っているのですが。
忙しくても書くことは続けていきます(*^▽^*)
今年もどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

2016
01/05

ペンの光の12月の清書です。

規定部から。
EPSON0115.jpg

今更ですが、これを書いていた時にどこが苦労したかとか、気を付けたこととか、メモっておかないと忘れますね(^_^;)
パイロットの方をやってるうちに、ペンの光の記憶が・・・(笑)
枠におさまらないっていうのはあまりなかったような。
ただ、毎回のことながら、字粒が大きくなってしまうことと、右上がりが強いことと、縦線が曲がる癖に注意しながら書きました。
画面で見ると、縦線やっぱり曲がってますね。
縦線を真っすぐ書けないのは、ペンの持ち方だったり、腕の使い方だったり、姿勢だったりするんだろうけれど。

筆記具はいつものつけペン(日本字ペン)と極黒です。
100均の安いルーズリーフを買ったら、ペン先がやたらとひっかかって上手く書けませんでした(;´Д`)
もしかして、ひっかかると思ってさけていたさじペンも、いい紙を使えば問題なかったりするんだろうか。
日本字ペンを使っているのは、ひっかかりがなくて書きやすいからなのですが、
たまにはペン先を変えて気分転換もいいかもしれませんね。


次に筆ペン部
EPSON0114.jpg

これも、ひたすら縦線との戦いだったような気がします。
縦線がどうしても真っすぐ書けない。
練習しているうちに、これでも改善してきた方なのですが・・・。
あとお手本があまりに細くて、同じように書くことができませんでした。

そして今回の課題の面白くないところといえば、この漢字だらけのお手本ね。しかも楷書。
難しい上に面白くないから、だんだん「かな交り文書きたいよ~~、行書書きたいよ~~。」みたいになってきますよね。

筆記具に関しては、いつも筆ペン部は水色のキャップのぺんてる「極細」を使っています。
細い文字が書けないので筆記具に頼ろうということなのですが、
最近はだんだん力加減にも慣れてきたように感じます。
それで今回ぺんてる「中字」を購入してみました。(もともと持ってはいましたが、ずいぶん前のものなので)
以前感じていたよりも書きやすいので、今回は中字でいこう!と練習していたのですが。
問題はインクがかすれてきたのでプシュッとインクを出した後ですね。
インク押した後のしばらくドバドバ出てしまうあの現象がいつまでたってもおさまらない(T_T)
いらない紙に線を書いて調整するわけですが、ちょうどいいところにおさまるまで時間のかかること、かかること。
いい加減イライラして、結局極細に戻りました(笑)
もう少し太い線の課題で中字に挑戦したいです。
プロフィール

藍

Author:藍
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

↓ツイッターもぜひどうぞ♪
indigoblue120をフォローしましょう

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。