2015
03/13

2月1日に受験した硬筆書写技能検定の結果が、2月27日に届いていました。


IMAG1451.jpg

3級の受験でしたが、無事合格しておりました。

届くまでは、3級だし、勉強頑張ったし大丈夫だろうとは思いつつも、もしやという気持ちもあって落ち着きませんでした。
これでホッとできてよかったです(*^▽^*)
3月12日には合格証書が届きました。合格通知ははがきですが、こちらは賞状です。
賞状なんてもらうのいつぶりだろう。ふふふ、嬉しいものですね。

合格証書と一緒に次の試験の願書や説明会の案内などが入っていました。
次の試験は6月21日とのことでした。
2級は受けようと思っていますが、次で受けるのか考えつつ、ぼちぼち勉強を始めていこうと思っています。


そういえば、試験当日の様子をブログに書こうと思っていて、すっかり忘れていました。
簡単に書いておきます。

当日は高校で試験が行われましたが、3級の会場(教室)には高校生2人、一般の人は私を含めて3人でした(笑)
他の級はおそらく別の教室だとしても、こんなものなんだなあと苦笑い。

最初の早書きの課題でやはり緊張してしまい、手の感じがどうもいつもと違います。
思ったように動かず、本当にへたくそな字になってしまいました(^_^;)
時間内に終わらせないといけないというプレッシャーと、ある程度丁寧に書かないと汚い字になってしまう危険性と。
普段時間を計って練習しているとはいえ、今は手が上手く動いていないという自覚があるため、
やはり書き終わらないかもしれないという怖さの方が勝ってしまいました。
それでもある程度余裕を持って終わらせ、見直すこともできました。

それ以降の課題は、実技と理論の問題を自分の好きな順番で取り組むことができます。
手がカチコチになっていることから、理論を先にやろうか?と思い、でもいつもと違う順番でやることにも迷いが。
ここで実技からやってしまったことが失敗でした。
手が上手く動かず、また微妙な出来に・・・(^_^;)
実技の2問目からは気持ちもほぐれてきたのか、まあまあの字が書けたような気がします。
理論からやっていれば、上手く書けたのかは実際のところ分かりませんが・・・。
(緊張する場面では、いつも通りって大事なような気もします。)

字を書くということは、普段の練習でも集中力とか精神的なもので大きく左右されるものです。
それが自宅でもなく、周りには知らない人がいる中の試験での緊張感・・・。
どの順番で解答していくのかも少し考えて次に挑もうと思います。
スポンサーサイト

2015
03/11

わかくさ通信が3/2に届きました。
昇段の期待もしていませんでしたが、名前の位置を見てもまだまだだなあ。

少し前に継続の用紙が届きまして、私は4月入会なのですが、5年目を振り込んでおきました。
お休みするのもアリかな?とちらっと思いつつ、自分にカツを入れる気持ちで。
手を抜いている様子が目に浮かびましたので(笑)

上級を2年続けて受講したので、次は初級か中級でいきたいところです。
中級かな~。


さて、2月の清書です。

EPSON074.jpg

添削課題はほとんど練習できませんでした。
体調不良から少し復活したあたりで清書しましたので、半分なげやり(^_^;)
鉛筆で中心線はひいたのですが、ものすごくガタガタですね。

EPSON073.jpg

級位認定課題ですが、こうして改めて見ると、なんだか堅いというか、なめらかさがない清書ですね。
まとまりがなくて、文字のひとつひとつがあっち向いたりこっち向いたり。

「大」と「登」の右払いをどうしようかな~と迷いまして、いつもならどちらも止めたくなるところですが、
止めた「登」の字形がちょっと難しく、バランスがとりにくかったのではらいました。

連綿に関しては、「いて」と「した」はすぐに決まりまして、完全に「い」と「て」をつなげるのが上手くいかずこんな感じに。


今月の教訓、「健康ってありがたい」。

3月は体調を崩さずに頑張りたいです(-_-;)

2015
03/07

2月22日にペンの光の3月号が届きました。
規定部も筆ペン部も、思ったよりは上の方に名前を見つけてホッとするような感じです。
いつも名前を確認して(昇格することはありませんし)、今月の課題を眺めてそっと引き出しにしまうのですが、
掲載されている作品や講評について、もっと読んで勉強しなくてはいけないですよね(^_^;)
ペンの光は添削してもらえないわけだから、その時の課題を思い出し、どう書くべきだったのかを
自分で学ばなくてはなりません。
有料の添削も、あるんですが・・・(^_^;)
いまいちシステムが分からなくて、腰が重いのです~。


さて、2月の清書です。
今月はちょっと体調を崩してまして、飲んだ師範の、違った(^_^;)、市販の薬が合わないのか、
とてもじゃないけど字が書ける状態にありませんでした。
頭もボーっとしてダメだけど、手がね、震えるんです。無理無理。
受診したらマイコプラズマだって言われ、出された薬がまた合わず、変えてもらってなんとか復活しました。
なんて、ちょっと言い訳してみましたが、そんなわけでギリギリ3月1日に投函しました。

EPSON076.jpg

何気に「片」が難しくて、やはり単純な文字ほどバランスをとるのが難しいようです。
太っちょになっちゃう。
あとは「始」とか難しいですね。女が上手く書けなくて、この清書はまだマシなやつです。
「創始」が大きくなってしまって、小さく書くのに苦労しました。
でも文字としてはそれほど難しいわけではない印象です。(全然書けてないけど)



EPSON075.jpg

筆ペン部は、毎年毎年この時期になると必ず出てくる「春」に苦戦。
何度も書いてるはずなのに、本当に難しい漢字です。
左右の払いが多かったですが、毎度のことながら、バランスが難しいですね。

筆ペンで書く上で、線の強弱を上手く出したいなあと思うようになってきました。
今まではとにかく細い線を書けるようにならなくちゃ!とばかり思っていて、
そこまで意識する余裕がなかったというか。
あたりまえのことですが、同じ太さで単調な線じゃ、魅力的な文字になりませんよね。
今回上手くいかなくて苦労したのが、行書ゆえに線と線が繋がっている部分をなめらかに書くことです。
細くつなげたいのに思うようにいかず、太くなったり、逆に筆が紙から離れてしまったり。
最後まで思うように書けませんでした。
筆ペンで行書って気持ちいいけど、また別の難しさがありますね。


2月は検定もないし、昇格試験もないし、余裕余裕♪
漢字部もやっちゃおうかな~(*^▽^*)なんて思っていた自分って・・・。
追いつめられた方が、積極的に取り組める性格のようです(^_^;)



プロフィール

藍

Author:藍
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

↓ツイッターもぜひどうぞ♪
indigoblue120をフォローしましょう

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR