--
--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
12/30

12/28にわかくさ通信が届きました。
年末なので届くのが早かったですね。

昇段はありませんでした。
そもそも昇段どうこうっていう位置にいないので、しばらくは昇格は諦めて地道に練習に励もうと思います(^_^;)

EPSON068.jpg

添削課題は掲示文です。
わかくさ通信の12月号で「掲示文セット」の販売に関する案内がありました。
ちょうどB4用紙がなくなっていて、用紙15枚と油性マーカーのセットで328円ということでしたので購入してみました。
例のパイロットの中字マーカーが入っていましたが、ビックリするほど滲んでしまい(笑)、
手持ちのパイロットの丸芯ツインのマーカーを使用しました。

鉛筆で大体の場所に中心線を引き、○を並べて下書きのようなものを作りました。
その上にまた白紙を重ね、○を透かして清書をしました。
時間がないので練習1枚、本番1枚。

これ検定で掲示文を書く場合、用紙は1枚しかないわけですよね。
鉛筆でそんなふうにあたりを付けた場合、後で消さなくてはいけないというわけで・・・。
うわー、面倒くさいし時間もとってしまう。
でも、中心線書かないでって無理だよね。○は書かないようにして、中心線だけ書くことにするか。
うーむ。

そして級位認定課題。

EPSON067.jpg

時間がとれなかったとか、言い訳はしてみたいけれど、フォローしようのない清書ができあがりました(;´Д`)
連綿ですが、「くれ」の他に「ため」と「めに」で迷い、最終的に回避。
どちらもなんかぐにゃぐにゃして落ち着かないんですよ。
こういう時は無理しないでスッキリと書いた方が気持ちいい。
しかし、今回一行目が普通に書くと大分下の方が余ってしまうので、字間を大きめにとったらこんなことに。
漢字に関してもひとつひとつツッコミたいのはやまやまですが、もう練習不足としか言いようがないです、はい。

いつも、もう無理、これ以上練習したって書けないっていう状態でも、「こんなへったくそな清書UPするの?」っていう気持ちだけでもうちょっと頑張れたりするんです。
しかし、今回は年末年始という事情から(笑)、ここでパイロットもタイムアップでした。
もうちょっと練習したかったなあ。

まあ、ペン習字とはこれからも長い付き合いになるので、焦らず地道に頑張ろうと思います。

スポンサーサイト

2014
12/30

12/22にペンの光の1月号が届きました。
規定部はいつも後ろから名前を探した方が早いんですが、比較的前の方にあってホッとしました。
その代わり筆ペン部がひどいところにあって、これでよく昇格試験合格したなと。
まあ、落ち込んでてもいいことないので、また頑張ります。
(ペン習字って、メンタル面がいい状態でないと続かない趣味だなあとよく思います(^_^;))

今月の練習は、月初めに少し練習して、あとは検定の勉強にあてていました。
あれもこれも、思い残すことがないように全力で取り組みたいけれど、
ペンの光とパイロットだけでもいっぱいいっぱいなのに、検定が入ったらもう無理~(笑)
正直、今月と来月はお休みしたいくらいの気持ちですが、少しでも練習して形にしたいと思って取り組みました。

EPSON065.jpg

今回もつけペン(日本字ペン)です。
縦書きの行書なだけで、一つ目の困難がクリア!みたいな気持ちです(笑)
でももう少し時間があれば、今度からは楷書でも練習したいです。
これは最近検定の勉強を始めてから強く思うことなのですが、
どうして今まであんなに楷書の練習を避けてきたのか、ということで。
横書きの楷書の問題があるのですが、もう難しくて難しくて。本当にひどいんですよ、私の字が。
でも今まで好きで書きやすい行書の課題ばかり喜んでやってたんだから、当然のことではあるのですが。
今回は時間がないのでできませんでしたが、できれば楷書と行書で練習する努力をしたいと思います。


EPSON066.jpg

お恥ずかしい清書になってしまいましたが、今回はこれにてタイムアップ(^_^;)
一見難しそうな「磯」「鳥」よりも「荒」が一番難しく感じました。
やっぱり楷書は難しい。筆ペンも難しい。

それにしてもこの課題、たいして好きでもない羽鳥慎一アナが頭の隅にチラチラしてきて
あー!もー!なんなの!?みたいな気分で練習していました(笑)
私だけかなあ(^_^;)

来月もゆっくり時間はとれそうにありませんが、とりあえず検定終わるまでは仕方ないですね。

2014
12/21

12/5に筆ペン部昇格試験の払込用紙が届きました。
結果は12月中旬以降とのことでしたが、12/15にその結果通知が届きました。

EPSON061.jpg

無事に昇格していました~~(≧∇≦)嬉し~~い♪
五段からの試験ですので、推薦に昇格ということになります。
筆ペン部はこの試験を受けることでしか昇格しないので、合格して本当によかったです。

まだまだ筆ペンに関してはよくわかっていないというか、探り探りな状態ではありますが、
地道に練習を続けていきたいと思います。


今月のペンの光はまだ清書が終わっていません(^_^;)
月初めに少しだけ練習して、それ以降は硬筆検定の練習をしていて、あまり練習が進んでいません。
パイロットもありますし、なるべく早く検定の方に戻りたいので、今月は時間はかけられないと思いますが、
何かしら進歩を感じられるくらいは練習したいなあ。
欲張りすぎてもいけませんけどね。
年末も押し迫ってきて、ペン習字以外にもやることが多いので、
今月も出来る範囲で頑張ります!

2014
12/08

わかくさ通信の12月号が1日に届きました。
昇段はなし。
4年目は3月までですが、そこまでは昇段無理かなあ・・・、なんて弱気になってるところです。
気長にいきましょう、気長に。
きっとペン習字とは長いおつき合いになりそうですから。


さて、11月の清書です。
検定の勉強も始めたいので、珍しくわかくさが届く前に清書を終わらせてました。
昇段していなくてガッカリしてるところで清書するよりは、気分的にいいような気もします(笑)

EPSON059.jpg

添削課題は去年も同じものを書いてました。
相変わらず「字粒が大きい」と指摘されていましたので、小さく書くように気を付けました。これでも。
いや、「字間が詰まっている」って指摘されたんだったか、去年は。
まあ、字粒が大きいせいで、枠内におさめるために字間を詰めるしかなくてぎゅうぎゅうになってしまう、
ということですから、やはりまずは字粒を小さく書くことが重要ですね、私の場合。
あとは上下を揃えて、真っすぐ書いて、くらいですよね、気を付けることって。
(全然真っすぐ書けてませんが・・・(^_^;))
字形に関しては、量が多すぎて時間をかけて練習することもできず、5、6回練習して本番に臨みました。
あとは添削を先生にお願いして、勉強させていただきます(>_<)

EPSON060.jpg

級位認定課題は、先月の課題の清書がちょっと固い印象になったような感じがしたので、
柔らかくなるように書きたいなあと思って練習していました。
なんていうか、さっぱりした清書になっちゃったなあ。
私としては一番目立たせたいのは「完走の夢」だったんですが、思うようにふくらんでくれず、
「参加証」ばかりが主張してきます(笑)
「大」「会」「参」の右払いをどれかしっかりと払おうと思ってはいましたが、どうもしっくりいかず、
結局止めてしまいました。
「証」のごんべんは当初しっかり書くタイプのもので書いていて、あまりにアピールしてくるのが気になり、上のような形に変更。
そうしたところ、「夢」もくさかんむりの下をくるっとしないでしっかり書いていたので、「夢」ばかりが固い印象(楷書に近いというか)になって悪目立ちするような・・・。
で、もう少しくずした上のような書体にしてみました。
どれだけ迷走してるんだ、私は(笑)

連綿に関しては、「ふく」と「くら」で迷った末、「くら」が上手く書けずに「ふく」に。
「くら」の場合、「く」を普通に書くと「ら」との境目が分かりづらいような気が。上手く言えませんが。
「久」を意識した形にするとメリハリがつくのかしら・・・。
かといって「ふく」も私には難易度が高く、難しい課題だったなあという印象でした。

先生方の清書や優秀作品で拝見できるのを楽しみにしていようと思います(^_^;)

プロフィール

藍

Author:藍
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

↓ツイッターもぜひどうぞ♪
indigoblue120をフォローしましょう

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。