2014
09/06

わかくさ通信が8/30に届きました。ずいぶん早く着いてびっくりでした。
昇段はなし。
今月はたくさん練習の時間がとれるよう、頑張るのみですね。

さて、8月の清書です。

EPSON043.jpg

添削課題ですが、ほとんど練習できずに臨み、予想通りの出来に・・・(T_T)
去年「大き過ぎる」って注意されたのに、どうしてこうなるのー。
今回は2枚清書したのですが、添削課題に関してはボツにした方がまだマシでした。
ただどうしても級位認定課題の方を優先させたくなってしまいますよねえ(^_^;)
添削が返ってくるのを楽しみに待つことにします・・・。

EPSON044.jpg

級位認定課題は一行目が枠内におさまらずに苦労しました。
大きくなり過ぎないようにと注意してるわりに、少し窮屈に見えます。
「たく」の連綿に挑戦したくて何度も練習したのですが、どうしても上手く書けません。
「てた」と「いた」にしようかなと諦めたところ、どうも二つが近いところにあってバランスが悪いように見えてしまうのです。
そこで思い切って「たく」に挑戦して撃沈し、その動揺からか「ん」が曲がってしまいました(TДT)
この後にもう一枚清書してみましたが、上手くいきませんでした。
一行目に比べて二行目に余裕があるせいで、ひらがなも大きくなってしまい、反省ばかりの清書となりました。
清書用紙もっと欲しいなあ。たしか購入できるんですよね・・・?(←弱気)

終わったことはもうどうしようもないので、今月の課題に頭を切り替えます!

そういえば、硬筆書写検定の願書の請求について載っていましたね。
11月の試験を受けたかったけれど、今月来月と幼稚園の役員の仕事が本格的に忙しくなってきます。(部長なんです~(;´Д`))10月末の行事が終われば、もう今期の仕事は終わったようなものです。
心置きなく練習できる次の試験を目指そうかなと思っているところです。
正直硬筆検定の勉強なんて、ほとんどできていないですし(-_-;)
子供がもう少し大きくなってから・・・、なんて言ってると、それこそいつまでも受けられませんしね。
スポンサーサイト

2014
09/04

8/22にペンの光の9月号が届きました。

規定部は準師範の中で、まあ真ん中よりは上かな?という位置。
筆ペン部はあの大量の五段の中では比較的前の方に名前を見つけて、少しホッとする感じでした。
写真版に載るなんて夢のまた夢だなあ・・・。

今月号には規定部の昇格試験、師範試験の課題が掲載されていました。
いまいち実感はありませんが私も一応準師範なので(笑)、師範試験を受験する資格があります。
・・・あるはずです。
あるはずなんですが、受験資格のところに、『規定部・準師範の方で有効期限内の「受講証明書」をお持ちの方。』とあります。
受講証明書は三段以上で受講,3年間有効と書いてあります。

考えてみると、私は恐らくこの「受講証明書」とやらを持っていないと思うんですよね。
準師範になりましたよ~っていうぺらっとしたコピー用紙で報告はありましたが、たぶん「受講証明書」ではないはず。
もしかして、自分から請求するようなものなのかしら・・・。

それと、なんとなく「準師範になってから3年間しか受験資格がない」のかと思っていましたが、受講証明書を発行してから3年間、その証明書が有効だと、そういうことなのかしら・・・。

まあ、直接確認すれば済む問題ではあるのですが、そもそもこの試験に合格できる実力があるとも思えませんし、
引っかかるのは、高額な受験料11,880円、師範合格者は登録料として54,000円必要なこと。
ついでに専用の試験答案用紙を購入しなくてはいけないこと。

ただでさえ重い腰がますます重たく感じられます(^_^;)
大金払って師範になると、どうなるの?みたいなね。

そんなこんなで、恐らく一年に一度しかないと思われる師範試験ですが、受験しないと思われます。

まずは硬筆検定3級からだな、私は。


さてさて、8月の清書です。

EPSON041.jpg

万年筆カスタム74で清書しました。
つけペンで書きたかったけど、今月はあまり練習する時間がなく、(おのれ、夏休みとお盆休みめ~)つけペンを使用すると明らかに手間がかかってしまうのです。
清書も全ての文字を思ったように書くことはできないわけで、最終的にはパッと見た時に雰囲気のいいものというか、比較的まとまりのよいものを選びました。

ちなみに、「おおもじそう?りゅうたん?」などと最初読んでしまい、調べて「あああああ(;´Д`)」ってなりました。恥ずかしい。

EPSON042.jpg

筆ペン部はもうぺんてる極細が使いやすくて、こればかり使っています。
特にインクを押して出したばかりの時の、あのインクがどばどばになる感じがあまりないのが気にいっています。

こうして見直してみると、練習不足・実力不足が感じられる作品ではありますが、珍しく筆ペン部練習時にペン習字ハイ状態になりまして(笑)、苦しくて、でも楽しくて楽しくて、朝方4時頃まで書き続けました(^_^;)
これって3、4時間くらい書き続けるとやってくる状態で、そもそもその時間があるときにしかなれないんですよね。あたりまえですが。今の私には贅沢な話です。

短時間でも、数分でも毎日書くことが大事だとは思うのですが、清書に関してはある程度(1、2時間くらいは)描き続けないとのってこないというか、調子が出てこないですよね?私だけ?
1時間くらい書いていると、その文字を書く上で気を付けていることが頭じゃなくて徐々に手が覚えていくみたいな。
でもまた翌日になると手が忘れてしまうんです。単純に練習量が足りないのでしょう。

実力はさておき、私ってつくづく「字を書くことが好きだなあ」と、改めて思った作品でした。
ペン習字を始めた理由が「字を上手く書きたい」じゃなくて「字を書くことが好きだから」だったことが、何年も続けていられる秘訣だなと。
下手なのに字を書くことが好きだなんて、なんでだろう?なにがあるんだろう?って思って始めたんだったなあと思い出しました。未だになぜかはわからぬままですが(笑)



プロフィール

藍

Author:藍
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

↓ツイッターもぜひどうぞ♪
indigoblue120をフォローしましょう

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR