2014
03/10

先日、初めてつけペンを購入した際に、いろいろとアドバイスやオススメを教えていただきましてありがとうございました!
もう少しつけペンの世界に足を踏み込んでみて、それでも私には使いこなせないと判断したときにやめよう。
そんなふうに思いまして、近くの文房具屋さんやホームセンターで探してみました。

そこで、まず発見したのがこちら。

IMAG0920.jpg

先日購入したペン先はタチカワの日本字ペン。
今回見つけたのがニッコーのさじペンクローム、さじペンニューム、Gペン。

そして、売り場に1種類だけあったペン軸が東京スライダのSL1990。
ペン先が根元までしっかりとささり、グラつかないし抜けない!しかもカッコイイ!!
一目ぼれな感じで購入しましたが、使ってみるとちょっと私には使いづらい点も。
私は細いペン軸が苦手で、しかも滑り止めや持ちやすくへこんでいるタイプじゃないとどうも手が疲れてしまうのです。
でもペン先の安定感と指から紙までの距離が遠すぎないことに関しては、もう感動的。

ペン先についてですが、さじペンクローム(ピカピカした方)は、日本字ペンよりはガリガリ感が少なくて柔らかいのかしら?思ったほど強弱はでませんでしたが、使っていくうちにより書きやすくなってきました。

さじペンニューム(ピカピカしていない方)はさらに柔らかいせいか、とても強弱がでる感じでした。
これはGペンでも同じように感じたのですが、扱い慣れないうちは全く自分でその強弱がコントロールできず、
思わぬところで急に太くなったり、細くなったり。
本来太くしたいところではない部分が太くなってしまい、とても不安定な線になってしまいました。
何度も何度も練習して使いこなせるようになれば、強弱のついた素敵な文字が書けるようになるのだと思われます。
今の私にはとてもじゃないが使いこなせる気がしません。

そんなことを思いながら、最初に買った日本字ペンも引き続き使って練習していたら!
ある時からいきなり書きやすくなったんですよ。
横や上方向に動かした時の少し紙に引っかかるあの感じが、全くなくなったんです。
紙にすいつくようにスルスルとなめらかにペン先が動き、ちょっとある意味滑り過ぎ?なくらい。
うーむ、まだまだつけペンには私の知らない世界がありそうだ。

それと、オススメしていただいた「開明墨汁」を探したのですが見当たらず、「呉竹墨汁」を購入。
パイロットの製図用インクと比べてみましたが、ちっとも違いがわからない・・・OTL
宝の持ち腐れとはこのことか。
なんとなーく墨汁の方が濃いような、気が、しないでもない?(笑)

そんなわけで、ネットで開明墨汁と、同じ東京スライダのペン軸2本をネットでポチリ。

IMAG0955.jpg

開明墨汁、開けるとあの昔懐かしい書道の時に嗅いだあの匂い!
ぶっちゃけ臭い!(;´Д`)
呉竹墨汁はそれほど臭いが気にならなかったのにー。書き味や色合いも、やはり私には違いがわからず。うーむ。

そしてペン軸はコルクのSL3100とスポンジのSL1040。
軸が太いことと、手が滑らない仕様になっていることを基準に購入したのですが・・・。

大失敗です。同じSLだからてっきり根元まで刺さるのかと勘違いしていました。
根元まで刺さらない上に、ものっすごいグラグラなんです(TДT)
え?なにこれ、これでいいの!?って驚くくらいグラグラ。
タチカワのはペン先を拭くときに抜けやすいことはあっても、書いている最中にぐらつきはしません。

IMAG0961.jpg

差し込み口を見比べてみますと、しっかりとささるSL1990はさじペン専用で丸ペンは使えないタイプのもの。
後で購入したSL3100とSL1040はさじペンと丸ペン共用のタイプ。
タチカワのも形はちょっと違うけれど、共用のタイプ。

そ、そうか、丸ペンも使えるタイプじゃないのを買わなくちゃいけなかったのか・・・OTL
でも、太さも持った感触も、疲れにくくてとてもいい。特にコルクの方。
なんとかこのぐらつきを解消できないかと調べたら、練り消しをつめこんでるなんてブログを発見。
そうか、何か詰めればいいのか。

IMAG0995.jpg

丸い隙間に沿うように、紙を差し込んでみました(笑)
これで少しはグラつかないようになりましたが、やはりダメかな~(^_^;)
黒にコルクの感じがすごく好みだったのに!

仕方ないので、丸ペンと共用じゃないもので、持ちやすそうなもの・・・なんて探して、今気になっているペン軸が
SL450とSL2050。
見た感じ細いので、そういう意味では持ちにくそう。

あーあ、近くにペン軸やペン先なんかが置いてある大きい文房具やさんがあればなあ。遠出して見てこようかな。
ネットで買うとペン軸よりも送料の方が高くついてしまうので、もう少し手持ちのもので練習してみることにします。
1990に何か滑り止めになるものを巻いて、太さや持ちやすさを調節するのもいいかも。

あ、あと「ペン習字用の開明墨汁」なんてものもあって、気になってるところ。
(どうせ私には違いが分からないんでしょうけれど(T_T))

なんやかんやでつけペンライフを楽しんでいるようです(^_^;)
スポンサーサイト

2014
03/04

私の住む市の文化センター等で、いろんな教養講座が開かれています。
陶芸やフラワーアレンジメント、パッチワーク、彫金、絵手紙、書道、などなど。
受講している生徒さんの作品が展示されていて、ペン習字もあるとのことで、見に行ってきました。
体験コーナーで先生に少し見てもらうこともできるそうで。

IMAG0956.jpg

画数や筆順の問題と、お手本(左4行)を見ながら右側に書く問題。
ちなみに最初の2行は薄く文字が書いてあり、なぞる課題でした。

まず、お手本を真似る能力があると褒めていただきました。
均等に線を引くべきところはしっかりとできているし、字間もよいです。
漢字よりもひらがなの方が難しいものなのですが、しっかり書けています。
始筆をしっかり45度でついた方が、きっちり感がでていいですよ。
ここまで書けるなら、すぐに行書も書けるようになるでしょう。とのことでした。
(通信講座を受けていることは言わなかったので)

「る」や「よ」などの結びの部分は、大きく書くと子供っぽくなってしまうので、
「る」は三角に、もしくは○じゃなくなるくらいに小さく書いてもいいです、とのこと。
これって、パイロットの課題で「よ」や「ま」を連綿にした時、
結びの部分が小さい?って思ったことと同じことなのかもしれません。

先生が直接文字を書いてくださるのを見れることや、率直に私の文字にアドバイスしてもらえること。
褒めてもらえることもとても嬉しく、励みになります。
対面で習うことのよさって、やっぱりたくさんあるんですよね。
はー、ほんの10分程度でしたが勉強になりました。

自分の書きたいお手本じゃないというところが残念なんですけどね・・・(^_^;)
まあ、今の私は子供もいるから習いに行きたくても行けないのですが(T_T)
夜の7時半からとかじゃなくて、むしろ上の子が幼稚園に行ってる日中なら、
娘を一時保育とかに預けて行けるのになー、なんて思ったり。

それはいつか子供が大きくなったらの楽しみにしておくことにします(*^_^*)

2014
03/03

わかくさ通信の3月号が届きました。

まさかの、2カ月連続で昇段してました・・・(゚Д゚)
えー?本当に?と何度も見直しましたが、どうやら五段に昇段できたようです。
あの苦戦した「新春演奏会」でしたので、驚きながらもやはり嬉しかったです。
今回も優秀作品に掲載していただきましたが、他の作品と比べると字粒が大き過ぎるように感じます。
もっと自分でコントロールできるようになりたいですね。



さて、1月の清書です。

EPSON015.jpg

あら、今更ですが、枠が汚いですね~~(;´Д`)
しかも「枠を鉛筆で書く」とあるのに、思いっきりペンで書いてしまいました。
確認したら先月の課題もペンで書いてしまっていて、でも特に注意されてなかったので問題なければいいのですが・・・。

添削課題は漢詩でした。
鉛筆で軽く○を書いて、だいたいの場所を決めてから清書しました。
上部が開き過ぎて、下が狭くなってしまったような。
級位認定課題に比べるとやはり練習量が半分以下(>_<)
練習不足が表れた清書に見えますね・・・。
行書の漢字を書くこと自体はとても楽しかったです。


EPSON016.jpg

そして級位認定課題。
伸び伸びと、書き過ぎた?^_^;
先月がぎゅーぎゅーだっただけあって、今月はゆったり書ける♪なんて喜んでましたが、
二行目が特に字間が広すぎるように見えます。
「庭」の最後のはらいが少し下に出過ぎてしまいました。
「梅」はへんとつくりの間が狭くなる癖があるので気を付けましたが、「毎」の字形で失敗。
毎とか、母とか、難しいですよね・・・。
C系統の三体辞典で拾った「毎」とペンの光の田中鳴舟先生の三体辞典で拾った「毎」の角度がやはり違って、
「毎」に限らないですけど、頭の中でこの字はこっちのお手本が好きだなーとか、考えてしまいますね。

連綿に関しては「んで」は最初から挑戦せず(笑)、残りの2カ所にしてみました。
「よ」と「ま」の連綿に関して、パイロットやペンの光でいろいろな課題の文章を眺めていると、
連綿にしない時に比べて結びのところを小さく書いてあるように見えるのです。
連綿にする時の独特な形なのでしょうか。
形としては「巻きあげるように」を意識しながら。
ちょっとひらがなが大き過ぎたかなー。
ていうか、全体的に大き過ぎたかなー^_^;


さてさて、次の投函分から同封する切手が82円ですね。
送る時に貼る切手は4/1から82円・・・。
3/31に投函すれば80円・・・(笑)

プロフィール

藍

Author:藍
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

↓ツイッターもぜひどうぞ♪
indigoblue120をフォローしましょう

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR