2013
06/28

ペンの光の7月号が届きました。

まさかの、2ヶ月連続で規定部が四段に昇段してましたー!(゚Д゚)
筆ペン部は二段のままでしたが。
なんというか、ここまでくるとそんなに簡単に昇段するなんて思ってもいないので、
「まあ、一応念のためね。」といった感じでチェックするので、もうビックリ。
練習の励みにもなって、本当にありがたいことです。


さて、6月の清書です。

DSC_2682.jpg

漢字がひとつだけ、あとは平仮名という、なんとも珍しい課題でした。
「よ」と「ま」が連綿になると結びの形が同じになる(巻きあげる形)、というもので、
いつもこの二つの文字の連綿は自分でもあやふやな感じで書いていたので、
たくさん練習できてよかったです。


DSC_2681.jpg

今回、漢字がなかなか難しかったです。
「田」の下すぼまりの角度が上手くできなかったり、他の漢字もなんだか傾いて見えるような・・・。
偏と旁がある漢字は距離や位置が難しいですよね。


DSC_2685.jpg

そして、今回は初めて出品することにした「漢字部」。
練習を始めて、ちょっと後悔・・・(^_^;)
規定部より、筆ペン部より、ものすごく練習に時間がかかってしまう~~!
しかもこの草書、我ながら訳が分からないんですよー。
自分で何を書いてるのか分からない、筆順もわからない、なんでこの形になるのよ!?というモヤモヤ(笑)
バランスがちっともとれなくて、半ばやけくそ。
結果を確認するのが恐すぎる・・・(T_T)

清書をするのにも、文字数が多いせいで最後まで一気に書こうとすると、集中力が全然もちません。
後半にいくにつれ、だんだん雑になってしまいます。
ところどころ休憩をはさむのですが、どこかしらで気に入らない文字があるともう書く気になれない。
精神的にもつらい課題だというのが判明しました(;´Д`)

来月からどうしようかと思うほどですが、できれば続けていきたいです。
スポンサーサイト

2013
06/04

6/3にわかくさ通信の6月号が届きました。
二段のまま昇段はなし。
いつも「残念だなあ。」と「だよねー。」っていう気持ちが半々です(笑)
「天」の中に入ってるとホッとする、といった感じでしょうか。

さて、5月の課題の清書です。

DSC_2613.jpg

「ああ~~、また字が大きいって注意される~~(;´Д`)」
って感じですよね。
いつも注意されるんだから、意識して書くべきだったのに、初めて草書を書くという緊張感のせいで、文字の大きさなんて頭から抜けてしまっていました。
中心もずれちゃったな。

その問題の草書ですが、お手本を見ていてもなんでこの字がこうなるの?(´・ω・`)みたいな、筆順さえわかりません。
正直言って、私、草書にはこれっぽっちも興味が持てません。
覚えようなんて面倒くさすぎてやる気もおきない。
このなんとなーく書いている感じがすごく気持ち悪いんです。

行書を習い始めた時も、全然興味がなかったのですごく面倒くさくて嫌でした。
でも、いまや楷書よりも好きになったから、もしかしたら草書も頑張ればいつかそんな日がくるのかなあ・・・。


DSC_2610.jpg

級位認定課題は、今回のびのびと書いても用紙からはみ出すこともなく、飛び出しちゃうっていう緊張感はありませんでした。
(でもそのせいでまた大きく書き過ぎちゃった、というオチなんですけど)

連綿に関しては、いつもは右側から左側へは無理につなげないようにしてました。
でも今回は2行目にも連綿を入れてみたくて、「まだ」の連綿にチャレンジ。
「ま」って連綿にする時には、結びの部分ももっと巻きあげるように書くべきだったよなあと反省。
あとひらがなをもっと小さく書いて、漢字とひらがなのバランスをもっと考えて書かなくては。

プロフィール

藍

Author:藍
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

↓ツイッターもぜひどうぞ♪
indigoblue120をフォローしましょう

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR