2011
01/20

ABCD0002.jpg
ABCD0006.jpg

書店で購入した練習帳を使って、毎日学習を進めています。
筆ペンの本も買ったのに手をつけていなかったので、せっかくなのでペン習字と筆ペンを同時進行で。
例えば「あ」を練習するにも、文字の形や気をつける点はどっちも同じかなあと思いまして(^_^;)
ルーズリーフがどんどんうまっていきますが、こうやってコツコツとやっていかなくては上手くならないんだろうなあ。
でも意外と苦ではありません。
こうして紙を並べて「こんなに頑張った!」と、達成感を感じながら進めていきます(笑)
スポンサーサイト

2011
01/05

今となっては、なぜペン習字を始めよう!と思い立ったのかは定かではありません(笑)

もともと、謙遜ではなく、私はたいして字は上手くありません。
でもなぜか「文字を書くこと」が昔からとても好きでした。
『好きなのに上手ではない』ことが、常々嫌だなあと思ってはいたんですよね。

おそらく息子が生まれて1年がたって、少し生活に余裕がでてきたので、
何か始めたいと思ったんじゃないかと思います(←あやふや)

すぐにユーキャンでも始めるか!と思いましたが、本当に続けられるかもわからなかったし、
通信講座はそこそこのお値段がします(^_^;)

ということで、まずは書店に売っている練習帳のようなもので様子をみてみようということになりました。


書店のペン習字コーナーにはたくさんの書籍があり、どれを選んでよいのかもわからなかったので、
平積みされているものを数冊購入してみました。
帯を読んでも人気がありそう!
↓こちら

4415026397書き込み式 ボールペン字の練習帳
岡田 崇花
成美堂出版 2004-03

by G-Tools


447118184X20日でスピード上達!ボールペン字速効練習帳
鈴木啓水
高橋書店 2008-01-08

by G-Tools


4415031668書き込み式 筆ペン字練習帳
和田 康子
成美堂出版 2005-11

by G-Tools



この時点では、ペン習字における「お手本の好み」なんてこれっぽっちも考えていませんでした。
きれいに字を書くための基本的な知識というのは、どの本を読んでも同じだろうと。

しかし、ペン習字を続けていく上で、この「自分の好みのお手本」で練習することがいかに大切か!
いろんな先生のお手本で練習していると、それがだんだんわかってきました(*^_^*)

まずはこの3冊を通して練習しながら思ったこと・・・。

『なんか、私の好きな文字じゃない』

ただの素人の言うことではないことは重々承知しています(笑)
もちろん先生方のお手本は、失礼な言い方ですが本当に綺麗でお上手です。(←なんて上から目線)
鈴木啓水先生はユーキャンのお手本を書いていらっしゃる方ですし、とても素直で綺麗な文字。
内容も分かりやすく、とても勉強になりました。

しかし、どうも、書いていて楽しくない。

「綺麗な文字」といわれるものは、どうやら一つではない
ということがだんだんわかってきたのでした。


念のため、上記の書籍は「私の好みのお手本ではなかった」というだけで、内容が悪いというわけではございません(^_^;)
プロフィール

藍

Author:藍
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

↓ツイッターもぜひどうぞ♪
indigoblue120をフォローしましょう

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR