2014
06/09

ペンの光の筆ペン部が五段になりまして、級位クラスのものとは違う課題になりました。
文字数も多いのですが、字粒が小さく、細い線で書かなくてはいけません。
今までの級位クラスの大きめで線も比較的太く書く課題でさえも、小さく細く(お手本通りに)書くことができず、四苦八苦しておりました。

私は普段、筆ペンはぺんてるの「つみ穂」を使用していまして、ぺんてるの「中字」も持っています。
筆の先の感じが「つみ穂」の方が好きで、「中字」はもっぱら息子の遊び道具となってしまっています。
(子供って、油性ペンとかはっきりと発色するペンが好きですねー(;´Д`))
「すき穂」という筆ペンも見たことがあって気になってはいましたが、自分に使い分けられるとも思えず。

そんな私ですが、ネットでぺんてる「極細」が存在することを知り、たまたまそれをホームセンターで見つけてしまい、つい買物カゴへ・・・(笑)
細い字が書きたいなら、筆を細くすればいいじゃないの!(ヤケクソ)

そんなわけで、使ってみました。極細。

IMAG1437.jpg

ペンの光の課題ですが、まだ何も練習していないので、文字自体が微妙なのはスルーでお願いします(笑)
最初に左の「極細」で書いて、「おおお!細く書ける!」ととりあえず喜びました。
続いて右の「つみ穂」の方・・・。
あれ?同じ?
なんか、つみ穂でも細く書けてる?(笑)

ここでふと思ったのが、「よーし、書くぞー!」って気合いを入れて極細を持ち、つい顔を紙にずいぶん近づけて書いてしまったために、ペンが紙に対して垂直になったこと。
その勢いでつみ穂を使ったので、これまたペンが垂直に。
顔の位置はこれでは疲れてしまい、長く書くことはできないのでダメだと思いますが、問題はペンの角度。
ペン習字の本にも、「ペンは紙に対して垂直に」というのを見たことがありますが、まさにそういうことなのかな、と。
斜めになってたら、それは太くなりますものね。

IMAG1436.jpg

結論といたしまして、「細い文字」を書くには、どちらでも構わないような気がしました。
つみ穂は集中力が切れたり気が散るとすぐ太くなりやすい、とは感じましたが、文字を書く上で気が散った状態では書けるはずもなく。
太くなりにくい、という点では「極細」の方が扱いやすいかもしれません。
しかし、極細は細い線しか書けない、というわけではありませんでした。
少し力を入れると途端に線が太くなります。つみ穂と同じです。
もっとふにゃふにゃと柔らかくて使いにくいのかも?と心配していましたが、そんなことは全くありません。
インクを押した時、つみ穂は筆からインクが出過ぎてしまい、しばらく細い文字がかけませんが、
極細はそのインクの影響が少ないようにも感じました。

つみ穂は上の写真のように、細い字から太い字まで書けて素晴らしい!
極細は細い文字から中くらいの文字が書ける、といった感じ。
写真のペンの横の線は、力を入れたり抜いたりして書きました。
極細も結構太い文字が書けますね。

個人的な印象ですが、筆ペンはいわゆる普通のペン(デスクペンや万年筆等)よりも、かなり集中して書かないと、それがそのまま線に表れてしまうように思います。
昔から難しくて苦手に思っていましたが、その分表現に幅があるといいますか、繊細で面白い筆記具だなあと改めて感じました。
スポンサーサイト

2014
05/20

数ヶ月前につけペンを購入して、いろいろと試していたわけですが、
「これだ!」というペン軸に出会うことができず、少し遠出をして大きな文房具店へ行ってきました。
やはり直接見て、持ってみなくては、いつまでもこの問題は解決しない気がします^_^;
乗りかかった船です。もうちょい付き合ってみようじゃないの、つけペンに!

お店には私が使ってみたいと思っていた「東京スライダ」のペン軸がたくさん並んでいます!
探していたのは、丸ペンと共用ではなく(グラつくのが嫌なので)、少し太めの軸のもの。

IMAG1196.jpg

ありました、ありました!
上の写真の茶色の軸の方の「SL2020」がまさに私の理想のものです。
ペン先が奥までしっかりとささり、グラつかず、軸は太め。
太いんだけど、ペン先に向うにつれて少し細くなっているのがまた持ちやすい。
ペン先が奥まで刺さるので、紙からの距離が遠くなりすぎず、非常に書きやすいです。

今私が持っているペン軸で、ストレスなく使えるのは以前購入していた「SL1990」とこの2本のみです。

ちなみに、写真に写っている一番左の「ペン習字用開明墨汁」、
ペンの光の競書用紙を注文する際、ついうっかり一緒に頼んでしまいました(笑)
相変わらず、インクや墨汁の違いが分からぬ女で残念でなりません(-_-)
インクのボトルの口が小さいと、インクがつけにくいことだけ分かりました(笑)


さて、この文房具店に来る前に、ちょっと調べていたのが、万年筆について。
以前、安価なものですが万年筆をネットで購入し、全然思うようにインクが出ないという経験がありまして、
次に買うなら絶対お店で!と決めておりました。
万年筆はほぼ初めてみたいなものなので、最初は1万円前後のものを1本使ってみたいな~と思いまして。

いろいろ試し書きをさせてもらい、結局ベタな感じですが、パイロットのカスタム74を購入。

IMAG1200.jpg

太さは細字のFです。
ペン習字にはEFがいいのかな、と悩みつつ、やはり私の好みの太さはF。
細すぎる線があまり好きではないのです。
今使っているデスクペンとあまり変わらない線の太さなので、書きやすいです。

感想としましては、やはりデスクペンよりは強弱がつけやすいです。
ただ、インクの問題なのか、細い線を書こうとするとインクの発色が薄くなってしまうんですよ。
黒々としたインクのまま、細い線を書きたいんです。
太くても、細くても、黒いインクで~~(>_<)!!
インクはおまけでつけてもらったカートリッジのものですが、
使い切って手持ちのカートリッジのものに変えたら少しは改善されたようにも感じます。
でも、やっぱり、ちょっとインクの発色が・・・。デスクペンと同じカートリッジなのになあ。
なぜかペンの光の清書用紙に書くとにじんでしまい、絶望的な気分に。
しかし、これもインクを変えたらにじまなくなりました。よかったー。

つけペンのようにいちいちインクをつけなくていいし、手軽に書けるし、デスクペンよりは強弱がつけやすい。
ううむ、これは、つけペンよりも万年筆練習すべきか?

なんて思いながら、しばらくお休みしていたつけペンを出してみました。
(締め切りに追われて、疲れるだけのつけペンなんて使っていられなかったので)

ペンの光の課題をとりあえず練習してみると・・・。

Σ(゚Д゚)

あれあれ?すごく、書きやすい。
以前よりも思ったような線が書ける。
この感覚はなんだろう、あまり好きじゃなかったつけペンの細い線が、嫌じゃない。
私の弱すぎる筆圧じゃ、つけペン使っても強弱も表現できなかったけど、
前よりもそんなに力を入れずに強弱が出せるようになったのかしら?

恐らくですが、今回つけペンで書いてみた課題が、ペンの光の推薦の課題。
級位や段位クラスの文字に比べて字粒が小さく、お手本を見ても若干線が細いような気がします。
たぶん級位クラスの課題のような、大きな文字を書くとしたら、つけペンの細い線では物足りないというか、違和感があるんじゃないかと思うのです。
細く繊細な字を書こうと思ったからこそ、つけペンの細さが嫌じゃなかったのかな、と。

あとは、何度も使うことにより、ペン先が柔らかく馴染んできたのかもしれません。
以前はかなり力を入れないと太くならず、ただの細いだけの線しか書けませんでした。
手が疲れて10分と書いていられませんでしたから。
カリカリ感と引っかかる感じがなくなり、紙をするするとペン先が滑ってくれます。

IMAG1208.jpg

ここで少し気になるのが、万年筆のEFのもの。
Fの万年筆では今回のペンの光の課題は少し太いように感じます。
もう少し細い線を書きたいと思った時に、あるといいんじゃないかなあ・・・(笑)
今回のペンの光はつけペンで挑戦してみようかな、なんて思ってはいますが、
なにか「自分にご褒美」な出来事でもあったら、次はEF欲しいなあ(*´∇`*)

それでは、また引き続きつけペンの練習に励みたいと思います。

2014
03/10

先日、初めてつけペンを購入した際に、いろいろとアドバイスやオススメを教えていただきましてありがとうございました!
もう少しつけペンの世界に足を踏み込んでみて、それでも私には使いこなせないと判断したときにやめよう。
そんなふうに思いまして、近くの文房具屋さんやホームセンターで探してみました。

そこで、まず発見したのがこちら。

IMAG0920.jpg

先日購入したペン先はタチカワの日本字ペン。
今回見つけたのがニッコーのさじペンクローム、さじペンニューム、Gペン。

そして、売り場に1種類だけあったペン軸が東京スライダのSL1990。
ペン先が根元までしっかりとささり、グラつかないし抜けない!しかもカッコイイ!!
一目ぼれな感じで購入しましたが、使ってみるとちょっと私には使いづらい点も。
私は細いペン軸が苦手で、しかも滑り止めや持ちやすくへこんでいるタイプじゃないとどうも手が疲れてしまうのです。
でもペン先の安定感と指から紙までの距離が遠すぎないことに関しては、もう感動的。

ペン先についてですが、さじペンクローム(ピカピカした方)は、日本字ペンよりはガリガリ感が少なくて柔らかいのかしら?思ったほど強弱はでませんでしたが、使っていくうちにより書きやすくなってきました。

さじペンニューム(ピカピカしていない方)はさらに柔らかいせいか、とても強弱がでる感じでした。
これはGペンでも同じように感じたのですが、扱い慣れないうちは全く自分でその強弱がコントロールできず、
思わぬところで急に太くなったり、細くなったり。
本来太くしたいところではない部分が太くなってしまい、とても不安定な線になってしまいました。
何度も何度も練習して使いこなせるようになれば、強弱のついた素敵な文字が書けるようになるのだと思われます。
今の私にはとてもじゃないが使いこなせる気がしません。

そんなことを思いながら、最初に買った日本字ペンも引き続き使って練習していたら!
ある時からいきなり書きやすくなったんですよ。
横や上方向に動かした時の少し紙に引っかかるあの感じが、全くなくなったんです。
紙にすいつくようにスルスルとなめらかにペン先が動き、ちょっとある意味滑り過ぎ?なくらい。
うーむ、まだまだつけペンには私の知らない世界がありそうだ。

それと、オススメしていただいた「開明墨汁」を探したのですが見当たらず、「呉竹墨汁」を購入。
パイロットの製図用インクと比べてみましたが、ちっとも違いがわからない・・・OTL
宝の持ち腐れとはこのことか。
なんとなーく墨汁の方が濃いような、気が、しないでもない?(笑)

そんなわけで、ネットで開明墨汁と、同じ東京スライダのペン軸2本をネットでポチリ。

IMAG0955.jpg

開明墨汁、開けるとあの昔懐かしい書道の時に嗅いだあの匂い!
ぶっちゃけ臭い!(;´Д`)
呉竹墨汁はそれほど臭いが気にならなかったのにー。書き味や色合いも、やはり私には違いがわからず。うーむ。

そしてペン軸はコルクのSL3100とスポンジのSL1040。
軸が太いことと、手が滑らない仕様になっていることを基準に購入したのですが・・・。

大失敗です。同じSLだからてっきり根元まで刺さるのかと勘違いしていました。
根元まで刺さらない上に、ものっすごいグラグラなんです(TДT)
え?なにこれ、これでいいの!?って驚くくらいグラグラ。
タチカワのはペン先を拭くときに抜けやすいことはあっても、書いている最中にぐらつきはしません。

IMAG0961.jpg

差し込み口を見比べてみますと、しっかりとささるSL1990はさじペン専用で丸ペンは使えないタイプのもの。
後で購入したSL3100とSL1040はさじペンと丸ペン共用のタイプ。
タチカワのも形はちょっと違うけれど、共用のタイプ。

そ、そうか、丸ペンも使えるタイプじゃないのを買わなくちゃいけなかったのか・・・OTL
でも、太さも持った感触も、疲れにくくてとてもいい。特にコルクの方。
なんとかこのぐらつきを解消できないかと調べたら、練り消しをつめこんでるなんてブログを発見。
そうか、何か詰めればいいのか。

IMAG0995.jpg

丸い隙間に沿うように、紙を差し込んでみました(笑)
これで少しはグラつかないようになりましたが、やはりダメかな~(^_^;)
黒にコルクの感じがすごく好みだったのに!

仕方ないので、丸ペンと共用じゃないもので、持ちやすそうなもの・・・なんて探して、今気になっているペン軸が
SL450とSL2050。
見た感じ細いので、そういう意味では持ちにくそう。

あーあ、近くにペン軸やペン先なんかが置いてある大きい文房具やさんがあればなあ。遠出して見てこようかな。
ネットで買うとペン軸よりも送料の方が高くついてしまうので、もう少し手持ちのもので練習してみることにします。
1990に何か滑り止めになるものを巻いて、太さや持ちやすさを調節するのもいいかも。

あ、あと「ペン習字用の開明墨汁」なんてものもあって、気になってるところ。
(どうせ私には違いが分からないんでしょうけれど(T_T))

なんやかんやでつけペンライフを楽しんでいるようです(^_^;)

2014
02/19

先日、初めてつけペンを購入してみました。

IMAG0864-1.jpg

正直、今までつけペンには全く興味がありませんでした。
デスクペンで十分だと思っていましたし。

ところが最近、「もう少し線に強弱が出るように書けないものか?」と思うようになりまして。
デスクペンだと、どうも同じ太さの線になってしまうような気がしたのです。
つけペンならこの希望がかなえられるかも?
などという安易な思いつきからです(^_^;)

残念ながらつけペンに関する知識が全くないため、どんな商品を買えばいいのか見当もつかず。
しかし、そういえば以前、私のブログにコメントくださった方に紹介していただいたことがあった!
ということで、無事にネットでぽちっとして、先週末に届きました♪

それにしても、つけペンって本当に安価なんですね~(*^_^*)
今回購入したのは、タチカワのペン軸T-36とT-40。
ペン先はタチカワの日本字ペン。インクは製図用。
送料込みで1500円程でした。

いつもは子供と一緒に寝落ちしてしまうところですが、この日ばかりはうきうきと子供を寝かしつけ、早速使ってみることに♪


・・・うーん、どうなんでしょう(笑)

まだ1日目の時点の率直な感想です。

1、ペン先がガリッガリで、強弱どころかものすごく細~~い線でしか書けない。
2、強弱をつけようと力を入れると、非常に手が疲れる。
3、ペン先はもっと奥まで入るのかと思っていたのに、あまり入っていかず、
強く押し込んでいるつもりなのにペン先を拭くと抜けてしまうことが多い。
4、いつも使用しているデスクペンと比べると、ペンを持つ指の所から紙までの距離が長く、感覚が違って書きにくい。
5、いつもならデスクペンがあれば済むものを、インクやらティッシュやら準備しなくてはならず、手は汚れるし、
インクはいちいちつけなくちゃいけないし、たまにインクが乾いて出ないことがあるし。


恐らく1、2はまだペン先がなじんでいないだけかと思われます。
数日使ったらガリガリはなくなり、線も少し太くなってきました。まだ細いけど。
でも、新しいペン先をおろすたびに、なじむまで使わなくちゃいけないのかしら?
指で少し柔らかく・・・なんてしちゃいけないんでしょうかね(^_^;)
日本字ペンじゃなくて、違う種類のペン先を試してみるのもいいかもしれません。
そもそも線の太さや書き味が徐々に変化してしまうなんて、なんだかとっても不便な気がしてなりません。

3はツイッターでいろいろ教えていただき、抜けるのはやはりもっと強く押し込まなくてはいけないこと、
ペン軸やペン先によって、奥まで入り込むものと↓のように根元まで入らないものとがあるということ。


IMAG0883-1.jpg

ちなみに、この画像の一番左がいつものデスクペンで書いたもの。
真ん中が数日使ったペン先を使用したつけペンのもの。
右があまり使っていないペン先を使用したつけペンのもの。

うーん、写真じゃあんまりわからないなあ(^_^;)

4は慣れれば気にならなくなるのか、違うペン軸とペン先を試してみるべきか。

5に関してはもう、それが嫌ならつけペン無理だよね、っていうことでしょうが(笑)

何にせよ、まだ使い始めて1週間もたっていないので、これからまた慣れてくるかもしれません。
手が疲れてはデスクペンに持ち替え、「あー、これこれ(*^_^*)」みたいな感じですが(笑)
でも、つけペンで強弱を意識して書いてからデスクペンに持ち替えると、
今までデスクペンでは強弱がでないと思い込んでましたが、案外そうでもないかも?なんて思ったりもしました。
デスクペンで強弱をつける練習みたいなものもしてみるといいのかも。

道具を変えれば劇的に字が上手くなるかも!なんて、ちょっと期待してたんですけどね~(笑)
やはりこつこつが大事ですね。頑張ります(^_^;)

2012
07/11

先月末に第二子妊娠が発覚しました(*´∇`*)
つわりがすでに始まり、毎日吐き気とだるさと眠気と戦っております。
調子の悪い日は息子は一人で遊ばせて、私はゴロゴロと横になったりしてますが、
今日は大分気分もいいようで、ペン字の練習もできました(*^_^*)

さてそんな中、日ペンから特別奨励金の1万円が届きました。わーい!
ずっと新しい万年筆を買おうと思っていたのですが、いろいろ調べた結果、デスクペンを購入しました。
残りはペンの光の購読料に消えていきました・・・(>_<)

私はすでにデスクペンを2本持ってまして、通常使ってるのはラミーの万年筆の極細です。

写真右から、今回購入したDP-500(細字)、DP-200(中字)、DNP-70(極細)です。
DSC_1450.jpg

DSC_1452.jpg

写真の写りがイマイチで参考にならないような・・・。

いつもDPN-70だと細すぎてペン先も硬く、すぐに手が疲れてしまいます。
手帳に書いたりするには最適の細さなんだとは思うのですが。

そこで以前中字を購入してみたんですが、ペン先が柔らかくとっても書きやすくて疲れない!
でも、やはり少し太すぎるのと、太さの強弱がつくというよりは、インクの色が部分的に薄かったり濃かったりして、文字を見ていると目がチカチカしてくるんですよね。
上の写真だとそこのところがよく伝わってきませんが(笑)

で、なんやかんやで使い慣れたラミーの極細(日本製じゃないので、極細といっても少し太めらしいです)を使っていました。

そして今回購入したDP-500ですが、やはりペン先がとても柔らかいです。
手が疲れないのはいいんですが、筆圧が高い私が油断すると、すぐにペン先がぐにゃってなってしまって慌てます。
しかし、軽ーく持ちすぎるとインクが出なくてかすれてしまうこともあります。
特に横線を書くときにかすれやすいかも。
まだ使い始めたばかりで、ペンの調子がでてないからかもしれません。
(DP-200もしばらくは上手くインクが出なくて使ってなかったくらいですから)
太さは細すぎず、なかなか私好み。
ペン軸の太さが太めでとても持ちやすいです。
もうちょっと長い目で使ってみて、様子をみようと思います。


にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

2011
10/22

1319687024818.jpg

パイロットのわかくさ通信と返ってきた添削課題の用紙を、こんなふうにファイルにとじてみました!

今までは封筒の中に折り畳んで閉まっていたのですが、それだと見たい時にすぐに取り出せません。
復習するのにもいちいち封筒から出して開かなくてはならないので、そもそも復習しない傾向にありました(^_^;)
こうやってファイルしてから眺めていると、「あ、また同じこと注意されてる!」みたいな感じで発見することも多いような気がします。

日ペンも同じように逆側からとじて、いつでもさっと見直せるようにしています。
オススメですよ~♪

にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

2011
05/01

パイロットの通信講座で学習を進めるにあたり、練習用のノートとして5ミリと8ミリの方眼罫のノートを購入してみました。

今まで書店で購入した書籍で練習している時は、たまたま家にあったルーズリーフの普通のノートみたいなものを使っていましたが、使い切ってしまいました。

DSC_1112.jpg

左が5ミリで右が8ミリです。
方眼ではない普通のノートも考えてみたのですが、文字の基本を勉強する上で十字の線はあった方がよさそうです。
実際に書いてみると、どうも5ミリの方眼罫の方は私の字には小さすぎるようでした。
私の字が大き過ぎるせいなんですけどね・・・(^_^;)
何かの本で、「文字はある程度大きく書いて練習した方がよい」って書いてあったし、小さく書いていると細かいところまでしっかりと書けないような気がします。

ただ、ノートの形で全部ページが繋がっていると、どうも上手くいきません。
面倒ではありますが、カッターでガーッと切り取って、1枚1枚ばらして使うことにしました。
ホームセンター等で「方眼罫だけど一枚ずつバラせる」タイプのものを探してみましたが、見つけることができませんでした。
レポードパッドみたいのか、ルーズリーフで方眼のものがあればいいのになー。
まあ、このタイプのノートなら100均でも売ってるし、探しやすくていいかなと思います♪



プロフィール

藍

Author:藍
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

↓ツイッターもぜひどうぞ♪
indigoblue120をフォローしましょう

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR