2018
06/11

わかくさ通信の6月号が届きました。
前回の記事にも書きましたが、「天」に名前を見つけてホッとしました。

6月の課題は
「梅雨入りの前に、新しい傘と長ぐつを送ります。」です。
連綿できそうな箇所がたくさんあるので、いろいろ試してみようと思います。


それでは5月の清書です。

添削課題から。
EPSON0233.jpg

う~~ん、デカイ(-"-)
そして、相変わらず草書は自分でも何書いてるのか分からない感じです。


続いて級位認定課題です。
EPSON0234.jpg

一行目が枠からはみ出します。
あふれるが特に大きくなりがちなんですよね。
連綿にすると、字間の調整がなかなか難しいです。
「れる」の連綿はどうしようか迷いつつもチャレンジしてみました。
「ました」は最近「まし」でつなげると評価がいいことがよくあり、何となく「まし」にしてしまいます(笑)
本当は「した」の連綿が好きなんですけどね~~。
「珍」と「理」のへんが同じだったので、片方は形を変えてみました。
さて、どんな評価になることやら・・・。
スポンサーサイト

2018
06/09

わかくさ通信の5月号では、六段になってから初めて「天地人」の評価をされたわけですが、結果は「地」でした~~。
やはりそんなに甘くない、さすがパイロットです(笑)

さて、早速4月の清書です。

まずは添削課題から。
EPSON0229.jpg

提出するのが申し訳ないような練習量ですが、出さないという選択肢はないのでとりあえず仕上げました。

続いて級位認定課題です。
EPSON0230.jpg

すでにわかくさ6月号が届いていますので、評価は判明しています。
なんとか「天」に滑りこめました(*^_^*)

連綿は無難に「ます」だけにしようかとも思いましたが、せっかくなので「なっ」にも挑戦してみました。
プロフィール

藍

Author:藍
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

↓ツイッターもぜひどうぞ♪
indigoblue120をフォローしましょう

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR