2017
02/07

2/2にわかくさ通信の2月号が届きました。
前回は「人」だったので、今回もかな?まさか「誤字脱字規定外」かも?なんて、
弱気な感じでそ~~っとわかくさ通信を開きました。
でも今回は「天」に名前があってホッとしました(^_^;)
昇格は相変わらずありませんが、少しやる気が出てきました。

2月の課題は
「外出する際には、マフラーや手袋などを忘れずに。」
です。
カタカナありますね~。
連綿は「する」と「には」がやりやすそうですが、後半もどこか入れられるか練習してみます。


そういえば、先月の掲示文の課題が返却されてきまして、
筆記具はコピックを使用したのですが、筆ペンと間違われると悪いと思い、それについて質問しました。
「コピックは検定やパイロットの課題に使っても問題ないでしょうか?」
と通信欄で質問したところ、
「コピックは筆ペンのように見えて、もし普段掲示文のようなものを書く機会があったら、おススメできる筆記具です。」
とのことでした。

・・・ん?(^_^;)
このお返事ですと、筆ペンのように見えるので、検定やパイロットの課題にはおススメできない、という意味に私は感じました。
ハッキリと「検定や課題に使っても問題ありません」と書いてないあたり、添削の先生としても扱いが難しい筆記具なのかもしれません。


さて、1月の清書です。
添削課題から。
EPSON0170.jpg

あまり練習できませんでした^_^;
数回の練習で本番~。

続いて級位認定課題です。
EPSON0171.jpg

まず一行目におさまりません(笑)
全部小さく書くのもアレなので、メリハリをつけて書きたかったのですが、
画数の少ない「自」が小さくなりすぎてしまいました。
「製」が大きすぎたかな。
「家」が二回出てくるので、書き方を変えました。
連綿は「せち」にもチャレンジしようとしましたが挫折し、
じゃあ「ました」全部つなげちゃう?なんて思いつつも、無難なところで「した」で。
「まし」よりも「した」が個人的に好きな連綿です(^_^)

スポンサーサイト

2017
01/09

わかくさ通信の1月号が30日だったかに届きました。
今回は「人」のところに名前がありました。
「人」か~~(;´Д`)とは思いつつも、まあ仕方ないよね、とも思ったり。

1月の課題は
「自家製おせち料理の用意に、家族が喜びました。」です。

いちいちツッコミ入れてても仕方ないけど、パイロットの課題ってちょっと言い回しが「普通こんな言い方する?」みたいなの多い。
課題の文章にまとめるとこうなるんだろうけど。
気にしなければいいんですが、「おせち料理の用意に」とか不思議な言い回しというか表現があると(私個人の感想)、
そこが気になって集中できないのが辛い(笑)
いや、ほんとどうでもいいですよね(^_^;)

連綿は「まし」か「した」は決定で、あとは「せち」かな。
なんだか画数の多い漢字が多いような印象。
そもそも漢字の量が多いですね。いつもなら漢字が8個くらいなのに、今回は10個ある。
枠におさまるように頑張らなくちゃいけないかもしれません。


さて、清書です。
添削課題から。
EPSON0167.jpg

年末恒例の掲示文ですが、今回はコピックを使用してみました。
普通のマジックも使って書いてみましたが、やはりお手本に近い印象になるのはマジックですよね。
筆ペンで書いたような線になるので、勘違いされるかも?という不安もあって、
去年はパイロットの丸芯ツインで書いたものを清書にしました。
今年は迷った末に、書いていて楽しかったのもあって、コピックで書いた方を清書としました。
写真を撮る前に折り曲げてしまって、見にくくてすみません。

続いて級位認定課題です。
EPSON0166.jpg
「習」が二回出てくるので、少し変化させた方がいいのかな?と、手持ちの三体字典をめくると「白」が「日」になってるものがいくつか。
三体字典に載ってるんだから、誤字にはならないよね?と半ばドキドキしながら書きました。
「羽」の左右を続ける感じに書いてもいいのでしょうかね。
「こう」の連綿がぎこちなくなりました。「こ」の終わりをもっとなめらかに「う」に繋げたかったです。

今回も「人」にならないといいなあ、まさかの「誤字脱字規定外」も勘弁してください~~(>_<)

2016
12/07

わかくさ通信が12/2に届きました。
「天」に名前がありました(^_^)

12月の課題は「ペン習字の練習を兼ねて、年賀状を書こう。」です。
連綿は「ねて」は難しそうですので、「こう」だけかな。
「こう」の連綿の書き方について載っていましたが、「う」の起筆を止めるというのは言われないとやらないことかも。
むしろそこはなめらかにつなげて「う」の1画目をしっかり止める感じに書いているような気がします。


さて、まずは添削課題から。

EPSON0162.jpg

実際に私がはがきを書く場合、こんなに大きく書かないなあ、なんていつも思います(笑)

続いて級位認定課題です。

EPSON0163.jpg

「から」はいつも「ら」を右寄りに書くのですが、わかくさに「中心を揃える」みたいな注意書きがあって、「ら」をどこに書こうか迷ってしまいました。
結局右寄りに書きました(^_^;)
「郷」が左右にふくれてしまうのは自分でも意識して注意していたのですが、なんやかんやでやっぱりふくれて大きくなってしまいました。
それ以外は特に手こずる文字もなく、払いをどうするかみたいな迷いもなく、一行目もきつくならなくてよかったです。

今月は年末恒例の掲示文ですね~。
掲示文で年末を感じるあたり、年末の季語みたいな感じもしてきます(笑)
B4の用紙が去年余ったのかどうかを思い出し、さらにどこにしまったのか探したり、余計な仕事が増えるのがまた厄介です。
そして、「早めの提出をお願い」されますが、果たしてどうなることやら。
希望としては今年中に終わらせられるといいなあといったところですが、なるべく頑張りたいですね。

2016
11/11

わかくさ通信の11月号が届きました。
なんとか「天」にすべりこめて、胸をなでおろしました(^_^;)

11月の課題は
「郷里から届いた栗と茸で、夕食を楽しんだ。」です。

また「里」がはいってますね。
連綿は「しんだ」のところはちょっと難しそうだなあ・・・。
「から」はできるけど「いた」はどうしようかな、といった感じですね。

さて、10月の清書です。
まずは添削課題から。

EPSON0158.jpg

ボールペンの課題でした。
私はボールペン使用となると、ジェットストリームを使用します。
検定の時に早書きのために購入したジェットストリームの0.7が比較的使いやすいので、今回もこちらを使用しました。
左右の空きを統一するように気を付けましたが、あとはあまり練習することもできませんでした。
もう少し中心が通るように書きたかったです。

続いて級位認定課題です。

EPSON0159.jpg

この文章でメインになるのはやはり「紅葉」かな?と思い、続いて「散策」でしょうか。
あとはあまり主張しないように控えめにまとめました。
雰囲気としては「ゆっくり感」がでるといいなあなんて思いながら。
連綿の「くり」は日ペンの田中先生の本から参考にさせてもらいました。
「く」の角度がちょっと特長あって難しかったです。
「なか」と「かで」のところは、少し難しかったので、「か」を流す感じにしてみました。

ゆっくり感が出したかったとは言え、やはり練習量が足りず、ぎこちない清書になってしまいました。
でも、今月も出来る範囲で無理せず練習を続けたいです。

2016
10/11

わかくさ通信10月号は10/3の月曜に届きました。
またなんとか「天」に自分の名前を見つけてほっとしました(^_^;)

もう10月もどんどん過ぎていきますが、まだお手本も作ってないし、ようやくブログも更新。
なかなか練習時間を確保するのも難しいですね~。


さて、9月の清書です。
添削課題から。

EPSON0154.jpg

書いた後で「あれ?もしかしてボールペンの課題だった?」と慌てましたが、10月でした。焦った~。
時間がなかったので数回練習して清書(^_^;)

続いて級位認定課題です。
EPSON0155.jpg

カタカナと行書が混ざると、どうしても違和感あります。
一行目におさめるのが少し難しく、字粒を小さめに書くことに苦労しました。
「れ」からの連綿に挑戦したい気持ちがありましたが、やはり断念。
先月に続き、二行目が間延びした感じになってしまいました。

清書用紙は4枚使って、全体的にまとまりのいいものを採用しています。
やはり1、2枚は「これは出せない」という仕上がりの物が出来上がってしまうので、
もっと練習段階でまとまりよく書けるようになってから、清書に取り掛かれるようになるといいのですが・

2016
09/08

わかくさ通信9月号が9/2に届きました。
「地」に名前がありましたが、まあこれは仕方ないといいますか、当然ですね。

9月の課題は「コスモスの花は、風に倒されず 可憐に咲いている」です。
カタカナが入っている時点で、ああ~~(-_-;)ってなります。
でも、ポツリポツリと書いた覚えのある漢字が見受けられますし、
文章としても書いていて気持ちのよさそうな課題です。
連綿は「され」と、「いて」か「いる」のどちらかかな~。


さて、8月の清書です。

添削課題から。
EPSON0149_201609081306382f6.jpg

つい添削課題よりも級位認定課題に力をいれてしまうため、許される時間の範囲でどれくらい練習時間をさくか、
なかなか難しいところです。
今回は10回以上は書いたけど、20回書けたかどうかといったところ(^_^;)
今月はもう少し練習時間が取れそうなので頑張りたいです。

続いて級位認定課題。
EPSON0151.jpg

思いっきり2行目が間延びしました(;´Д`)
練習中からどうしても字間が開いてしまって、気を付けながら書いてこれだから困ったものです。
そして連綿の「げた」がぎこちないです。
それ以外の場所で連綿するのは厳しかったので、まあ仕方ないか・・・。
「れ」からの連綿が苦手でして、9月の課題にも「れず」があるので、
やるかやらないかは別として少し練習してみようと思います。
スマートに書けたらカッコイイんですよね、「れ」からの連綿!

ようやく子供たちの夏休みが終わり、清々しい気持ちを味わっていたのもほんの数日で、
3歳娘が幼稚園から風邪をもらってきて、それが6歳息子にうつり、高熱でお休みしてました。
なかなか計画通りに進まないものですので、のんびりしてないで早めに練習に取りかかりたいです。

2016
08/13

今月の課題は練習不足でひどい出来なのですが、UPしないのもアレなのであげときます(^_^;)

添削課題から。
練習してないとはいえひどすぎる(笑)

EPSON0145.jpg

級位認定課題です。
EPSON0146.jpg

今回は右払いが多かったですね。
払いやすそうな(右側がきつくなさそうな)「水」と「大」を払ってみました。
連綿は「いた」もしようかな?と思いつつ、「いつ」で「い」からの連綿してるし、しつこくなるかなと思いやめました。

7月はもう仕方ないので、8月の課題でまた頑張りたいです。
なんて言っても、8月は子供も夏休みで、お盆休みはほとんど練習できないし、
気が付けばもう13日・・・。
すでにもう頑張れてないのが辛いところです(;´Д`)
無理せず、出来る範囲でがんばろうー。
無理やり練習していると、「私、何のためにペン習字やってるんだっけ?」とか
「そこまでしてどうするの?」みたいな変な気持ちになってくるから危険(笑)
できないときはできないから、無理しないで楽しくやるのが一番です。

2016
07/05

7/2にわかくさ通信の7月号が届きました。
最近はそれでも「天」に名前がありましたが、今回は「地」でした。
うーむ、もっと基本的なところからやり直すべきなのかなあ。
まあ、ペン習字は長ーく続けられる趣味として考えているので、
変に自分を追い込んでいくと嫌になってきますしね。
おばあちゃんになっても、何らかの形で楽しく続けたい。長い目で頑張りたいです。

7月の課題は
「水泳部の友達は、県大会でいつも優勝していた。」です。

何この、右払いの文字を集めましたみたいな課題(笑)
個人的には「水」とか「友」をとめないではらうと、ゆったり書けるので書きやすいですが・・・。
いろいろ試しながら書いてみたいです。
でも何だろ?なんか文章としてもやっとする印象の課題だなあ。
普通こんな言い回しにする?みたいな。まあいいか。


さて、6月の清書です。

EPSON0141.jpg

添削課題は初級です。
先月の添削課題が返ってきて、いつも点数は84点か85点のところ、83点とダウン。
今回も点数落ちそうな出来だなあ・・・。
もっと添削課題にも練習時間をさかなければ。

EPSON0142.jpg

級位認定課題です。
練習はけっこうしたはずなのですが、なかなか思うようにいかず、ごちゃごちゃした印象になってしまいました。
ひらがなをもう少し小さくするとバランスがよかったかも。
連綿に関しては、最初は「ので」と「まし」か「した」でいこうと思っていました。
でもそれだといつもと同じになってしまうので、今回はいつもなら避けて通るところをあえて練習。
「まれ」はやはり難しくて、上手くいくときといかないときがあります。
チャレンジしたことは自分で褒めてあげるとして(笑)、また7月の課題で頑張ります!

2016
06/04

わかくさ通信の6月号が6/2に届きました。
昇段はしませんでしたが、先月に引き続き天の上の方に名前を見つけて嬉しく思っています。

6月の級位認定課題は、
「来月、後輩が結婚するので 祝辞を頼まれました。」
です。
連綿は「ので」と「まし」か「した」かな~。
「ま」があるとその後に連綿にしたくなりますが、「まれ」はちょっと難しい(;´Д`)


さて、5月の清書です。

EPSON0137.jpg

6年目ではありますが、添削課題は初級にしています。
4月の返却されてきた添削課題は84点。
いつも84点と85点をフラフラしているので、初級でもいつも通りといった感じです。
この5月の課題も1年目の時の初級の添削を見直すと、いくらか成長してるとは思いますが・・・。
癖の右上がりはだいぶ直ってきたかなあとは感じました(^_^;)


EPSON0138.jpg

続いて級位認定課題です。
どうしても新幹線が大きくなってしまい、思い切って小さくするとその他もつられて小さくなってしまうという(>_<)
基本的にいつも上下の余白が狭くなりがちですので、たまにはこれでもいいかなあと負け惜しみを言ってみたり。
「線」と「旅」の最後を、いつもなら止める形にするのですが、今回はいつも難しくて避けていた形に挑戦してみました。
書けるようになったらカッコイイだろうな~なんて。
でもバランスが非常に難しく、練習していても、お手本とは明らかに違うのにどう直せばいいのか分からないという状況。
お手本を同じくらいのサイズに縮小して、重ねて見比べて、なるべくお手本に近づくように努力しました。
あとはトレーシングペーペーでなぞってみたり。
「予」は当初下に流すように書いていたのを、「行」と似ているかな?と思ってはねてみました。

全体的にこじんまりとした清書になりましたが、いまだにどんなふうに書けばいいのか難しいですね。
個人的には昔から大きく伸び伸びと書くのが好きなもので、まあ大事なのはメリハリなのかな、とは思うのですが(^_^;)
今月も楽しく頑張りたいです。

2016
05/10

わかくさ通信の5月号が4/30に届きました。
いつもはかろうじて「天」の後ろに名前がある感じなのですが、
今回は比較的上の方にあったのでホッとしています。

前回の課題「生垣の新芽が目立つので、春は近いでしょう。」で、小さい「ょ」と「う」を連綿にしていいのかな?と
気になっていたので、多くの方がそこを連綿にしていたのでよかったです。

5月の課題は「新幹線で、はじめて津軽へ旅行する予定です。」です。
少し練習しましたが、連綿は「めて」と「です」にしようかな。


さて、4月の清書です。
4月からついに6年目。
初級→中級→上級→上級→中級とやってきて、さて次はどうしようか・・・。
清書用紙もたくさんあることだし、この1年は初級でやることにします(*^_^*)
級位認定課題ばかりに力を入れてしまうので、初心に戻って添削課題も頑張らなくては。

まずは添削課題から。

EPSON0133.jpg

たった今「添削課題も頑張らなくては」って言ったばかりですが、
やはり今回は時間がなかったので、ほぼぶっつけ本番(^_^;)
鉛筆で書いた中心線を消す前にスキャンしてしまったので、線が入ってしまってます。

続いて添削課題です。

EPSON0134.jpg

時間がない、時間がないと言い訳してますが、今回はさすがに練習不足。反省します。
ものすごくぎこちない清書が出来上がってしまいました。
今回は画数の少ない漢字ばかりで、しかも文章の中でどの文字を目立たせて書けばいいのかさっぱり分からず。
いつもよりも文字数が多い?みたいで、小さく書かなくては枠に収まりません。
とても難しい課題だったなあという印象です。

連綿は、「ました」があると「まし」か「した」か迷うわけですが、
なんとなく前回は「まし」にしたような気がして「した」にしました(笑)
基本的に「した」の方が中心が通るような気がするので好きです。

今月は「時間がない」ばかり言ってないで、効率よく家事をこなし、
自分の時間を作りだせるように工夫していきたいです!
プロフィール

藍

Author:藍
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

↓ツイッターもぜひどうぞ♪
indigoblue120をフォローしましょう

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR